docomo withはライトユーザーに最適なのは半信半疑!ならフルサポートMVNOが良いのでは?

本日、KDDIから2017年夏モデルが出ましたね(→プレスリリース)。個人的にはHTCの機種が気になっているものの、最近のスマホは液晶画面が大きすぎるので、iPhone SEで十分だと思っています。

docomo withについて語る

今日の話題は、NTTドコモがライトユーザーに向けて打ち出したdocomo withという割引サービスです。

docomo withとは?

対象スマホのご購入で、ご利用料金がずっと毎月1,500円割引となる料金プランです。(NTTドコモホームページ

NTTドコモが対象スマホの購入で、永年割引を受けられるサービスとなっています。これは、月々サポートとは異なり、有効期間がありません

おそらく、MVNO潰しで現時点の対象スマホ・Galaxy Feelとarrows Beはいずれ投げ売りされる運命でしょう。

さすがに同じスマホを2年以上使うのは酷では?

NTTドコモの方見てますかー?発売日から2年後にもセキュリティアップデートしますか?

Googleの開発するNexus・Android Oneは、だいたい18ヶ月を目処に実質的なサポートを打ち切っています。また、端末自体もバッテリーパックなども踏まえて、2年使う前提で製造されています。まあ、外装も2年使えば塗装が取れてきて、これ以上使うのは厳しいはずです。

今回のdocomo withは、2000年代中盤から形成された携帯電話の寿命は2年というジンクスに大きく外れたことをしちゃてますね。ちゃんとセキュリティアップデートとかしっかりしないとダメですよ。本当。

docomo withを使うならUQ mobileかワイモバイルにしましょう

やっぱりドコモはダメでした。2014年の料金プラン改定で、データ通信の価格が一気に上がってしまい絶望してしまいました。それからMVNOが流行したから、それじゃMVNO潰しでこの割引サービス…ドン引きしちゃいます。

安い料金プランでスマートフォンを使いたいし、手厚いサポート(故障対応など)を受けたい方は、ワイモバイルかUQ mobileにしましょう。ドコモはダメすぎる…

スポンサーリンク