Microsoftの「New Surface Pro」は売れそう!LTEモデム搭載はナイス☆

23日(上海時間)に発表された、New Surface Pro。これは売れそうな予感がします!

とりあえず概要を見ておきましょう。

  • 12.3型、3:2比率のディスプレイを採用
  • ディスプレイは2,736×1,824ドット(3:2、267ppi)
  • CPUが第7世代のCore m3/i5/i7、メモリが4/8/16GB、ストレージが128/256/512/1,024GB SSDから選択可能
  • 外観はSurface Pro 4と似ているが、800以上のカスタムパーツを採用し、大幅に刷新
  • Surface Penは筆圧検知が従来の1,024段階から4,096段階へ性能アップ
  • Surface Penは傾き検知が可能で、21msと遅延が少なく、感度も高めたものを新開発
  • バッテリ駆動時間は13.5時間
  • オプションでLTE Advancedモデムも内蔵可能

もう魅力的なタブレットですね。これは売れそう。Surface Pro 4でSurfaceシリーズは “完成” したと思っていましたが、さらなる改善で、今まで以上に売れそう。

LTE搭載はやばいぞ!

すでにLTE対応のレッツノートを3機種使ってきたのですが、パソコンを立ち上げるとすぐにインターネットにつながる感覚は最強。今までなんでWi-Fiしかつながらないものを使ってきたんだろうと後悔するレベルです。

最近は格安SIMというもののあり、一時期インテルが主導していたWiMAX搭載パソコン(2年縛り、月4000円程度)と異なり、毎月3GBで1000円程度で利用できるので、Surface単体でのインターネット接続のハードルもかなり下がりました。

鳥取県岩美町にてレッツノートSZ5

でもでも、LTE搭載にするとお金かかるんでしょ、と言われそうですが、価格以上のメリットありますよ!写真のようなところで、インターネットにつながるので、どこでも作業が捗ります☆

スポンサーリンク