イモトアヤコ、デヴィ夫人に「バケモノ!」と言われインプラント治療を始めたのは良いことだと思う!

イモトアヤコというと、テレビをほとんど見ない自分にとってみれば、数少ない好きな芸能人の一人です。イモトはイッテQの企画で海外を飛び回っていて歯医者にはなかなか行くのが難しいと思っていましたが、ようやくデヴィ夫人に「バケモノ!」と呼ばれてインプラント治療を始めたのは良いことだと思っています!

お笑いタレントのイモトアヤコ(31)が22日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演。デヴィ夫人にガタガタの歯並びを「バケモノ!」と言われたことがきっかけで、人工の歯を埋め込むインプラント治療を受けたことを明かした。

「イッテQ!」の海外ロケで現在は「(年の)半分は海外、半分が日本」という生活を送り、5月は日本に6日間しか滞在できない多忙ぶり。つかの間の日本でのオフについて聞かれると「歯医者とか整体とかメンテナンスに通ってます」と話し、「最近、インプラントをやってて」と告白した。

もともと八重歯がトレードマークだったが、海外ロケで虫歯がひどくなると、虫歯になった歯を強引に抜いてしまう“治療”のせいで、さらにガタガタ状態に。「ネパールとルワンダで(抜かれた)。向こうは(虫歯になると)即刻、『抜きましょう』。麻酔もなく、本当に痛かった」と振り返った。

「もともとガタガタだった」歯並びだが、インプラントのきっかけはデヴィ夫人。「デヴィ夫人に“ド正面”で『このバケモノ!』って言われて。もうショックで。治さなきゃ、って」と決意したことを明かしていた。

デイリースポーツ(2017年5月22日(月) 23:32配信)より

イモトアヤコの歯について

世界の果てまでイッテQ!より

イッテQでデビューしてから、多くの視聴者が気になっていたイモトアヤコの歯並び。あんなにガタガタで、海外に飛び回っていたら、「You’re evil」とか絶対言われそうというか、確実に言われてますね。

イモトアヤコがスピード矯正で歯並びを治したのが5年前ぐらいですが、まだまだ根本的に歯科治療は多忙でできなかったのでしょうか。ちょっと歯をごまかしていた感じで、とりあえず見た目だけという感じでした。

今回、インプラント治療を始めたのはとても良いことだと思います。イモトは一応タレントですが様々な体を張った芸を行うとなると、やはり噛み合わせも重要になってくるはずです。そこは、イッテQでイモトアヤコの歯列矯正をレポートしてみるのも面白そうw

やはりデヴィ夫人はしっかりしている

とは言っても、テレビに出ている芸能人がイモトアヤコに歯列矯正しろ、インプラント治療しろって言ってても難しいという点もあると思います。イモト本人もコンプレックスに思っていそうで、なかなか言いづらいところだと考えられます。

そこは、善悪問わず、デヴィ夫人がきっちりと「バケモノ!」とイモトに言ったのはすごいと思います。デヴィ夫人は個人的にはテレビではいい印象ですね。まあ本来の姿は実際に会ってみないとわからないですがw

スポンサーリンク