WWDC 2017でMacBook ProのプロセッサがKabyLakeになればラッキーかも!

ブルームバーグの報道によると、WWDC 2017で今販売されているMacBook Pro、12インチのMacBook、13インチのMacBook Airがアップデートされるとのことです。搭載されるプロセッサはインテルのKabyLakeの見込み。

個人的に、15インチのMacBook Proの購入を検討していて、先日、Skylakeにアップデートされたばかりなのに、もうKabyLakeになってしまったら、2016モデルを買った方は激おこぷんぷん丸かも。

レッツノートXZ6で使っているKabyLakeのプロセッサはSkylakeよりも省電力性が高いと感じているので、12インチMacBookもモバイルノートPCとしては魅力的なものになりそうですね。

[The Verge via Hamburger24]

スポンサーリンク