カウントフリーは使いこなすのは難しい?LINEモバイルが新規加入ユーザーを対象に2ヶ月3GBデータ増量キャンペーンを実施!

格安スマホというと、代表的なのはOCNやIIJmioと言ったところですが、日本人の通信インフラを抱える「LINE」を運営しているLINEモバイルやフリーテルなど、一定のWebサービスにあたっては、データ通信量のカウントには含めない、いわゆる「カウントフリー」というところがあるのですが、今回、LINEモバイルは新規加入ユーザーを対象に2ヶ月連続で3GBをプレゼントというキャンペーンを実施することになりました。

やはりカウントフリーは使いこなすのは難しい?

mineoは新規加入ユーザーには初めに1GBがおまけでプレゼントされますが、これは中の人いわく、初めに自分自身が使う通信量がわからないと思うので保険のために設定しているとのことです。今回もLINEモバイルも同等のことを考えていた模様ですが、3GBとはやはり、カウントフリーをうまく使いこなすのは難しいという宣言なのでしょうか。

どこからどこまでがカウントフリー?

Twitterなどがカウントフリーでも、動画を再生したらデータカウントされるとなると、はっきりといって使った分のデータ通信の量がわからなくなるのは当然です。スマホのアプリでも最近はデータ通信量を測るものもありますが、基準が曖昧だと測ってても意味がないと思いますよね。

個人的に

具体的なサービス名でカウントフリーと言われても、やっぱり何がカウントされて、何がカウントされないのかがわからないので、LINEモバイルとかフリーテルはどうも難しいんですよね、自分の中で。

やっぱり、カウントフリーってないほうがいいのかな…?

スポンサーリンク