ownCloud用にレンタルサーバ・Zenlogicを契約してみた!月890円でディスク300GB・SSL証明書付きですごすぎ!

ファーストサーバのレンタルサーバ・ZenlogicをownCloud用途で2ヶ月ほど前から使ってます。これがなかなか良いサービス。

なんでownCloudを使ってるの?

オタク女子向けニュースサイト・いちごあんでいろんなところに取材に行くようになりました。取材先からいただいた画像や当方で撮った写真や、ボイスレコーダーの音声など、データの管理が大変!そこで、DropboxとかOneDriveでファイルをいちごあんメンバーで共有しようかと考えていたのですが、どうしてもサービス事業者の一存でサービスが中止されたり、仕様の変更があったりするので、自分自身でファイルはすべて管理したい!という訳で、自分専用のファイルサーバを建てられるCMS・ownCloudを使用することにしました!

ファーストサーバというと「データ消失」というイメージが強いけど…

ownCloudを利用するにあたって、初めは、さくらインターネットなどの共用レンタルサーバの使用の検討を行いました。共用レンタルサーバだと、SSL証明書の購入が必要だったりして金銭的な面で断念しました。とりあえずLet’s EncryptでSSL証明書は使おうと思っていて、AWSも使ってみたりしたんですが、やはりデータの転送料金が高い。そこで見つけたのがファーストサーバのZenlogic。

以前、ファーストサーバが2012年に大規模なデータ消失事故を起こしましたが、その影響でファーストサーバに良い印象はありませんでした。

しかしながら、ファーストサーバは自社でサーバの運用はせず、Yahoo! JAPANのIaaS基盤を利用した形で、サーバを提供しているとのことで、今回使ってみることにしました。

レンタルサーバで1TBを提供しているところは見たことがない

ちなみに、マネージドのレンタルサーバでディスクが1TBを提供しているところは見たことがありません!SSL証明書も永年無料。

ビジネスユースにはとてもリーズナブルな価格で助かります。

実際に使ってみたところどうなの?

メモリが貧弱だけどなんとかなる

サーバは、仮想化をしたものをファーストサーバ側が管理してるマネージドVPSですが、比較的重いownCloudのレスポンスも悪くなく、安定しています。Yahoo! JAPANのIaaS基盤を利用しているので、ファイルのアップロード・ダウンロードもスムーズに行えます。

ただ、月890円プランだと、サーバに割り当てられてるメモリが1GBと貧弱なため、以前、ファーストサーバのサポートとやり取りした際には、プランを上げてくださいと言われましたが、頻繁に使うということではないので、自分は月890円のSプランを継続して使用しています。

SSL証明書が無料なのが嬉しい

SSL証明書は、RapidSSLなどが普及してきて安くなってきてはいますが、導入の手間とコストがかかります。Let’s Encryptも便利ですが、なかなかマネージドの共用のレンタルサーバでは提供されているところはなく、ZenlogicではSSL証明書が無料かつ簡単に導入できるのは本当に魅力的です。

phpMyAdminはインストールしたものを提供してほしかった

MySQLがZenlogicでも使える訳ですが、デフォルトではインストールされておらず、自分自身でインストールしなければなりません。その手順が難しい

今や、ロリポップ!もさくらインターネットの共用レンタルサーバもphpMyAdminはデフォルトで入っているので、そのあたりの考慮、ファーストサーバさんお願いします!

大手オンラインストレージに不満がある方にはZenlogicでownCloudはおすすめ


どうしても大手オンラインストレージサービスだと、レスポンスが遅かったり、ダウンロード・アップロード速度が気になったりすると思います。

Zenlogicは豊富なストレート容量に無料のSSL証明書でセキュリティレベルをあげた通信ができ、AWSと違ってある程度のサーバ管理は必要ないので、ぜひともZenlogicでownCloudを使ってみてください☆

スポンサーリンク