Microsoft、異なるプラットフォームの端末間でも使えるコピペ同期機能「Cloud-powered Clipboard」を発表!

Microsoftがアメリカ・シアトルで開催されている開発者向け会議・Build 2017の2日目の基調講演で画期的なものを発表しちゃいました!それは、「Cloud-powered Clipboard」!Android、iOS、Windowsなどの異なるプラットフォームでも使えるとクラウドベースでのコピーアンドペースト同期機能です!この機能はWindows 10 Fall Creators Updateにて実装されます!

今まで、一般的には、スマートフォンで撮った写真や書いた文章をパソコンで利用する際には、自分自身にメールを送ったり、Pushbulletを使うケースが多かったですが、Pushbulletは個人的にはあまり使い勝手がいいとは言えず、未だにGmailで自分自身にメールを送るということをやっていた情弱です(笑)

操作が簡単すぎる!

Windowsでコピーしたいものを選択します。

AndroidスマートフォンでGoogleマップを起動します。

そして入力したい画面を表示させます。

右にスワイプすることでCloud-powered Clipboardが表示されます!

この機能は「Project Rome」APIを使用していて、Windowsだけにとどまらず、サードパーティのアプリを含めたAndroidデバイス、iOSデバイスでも利用可能となります!

簡単でいいですね。もっと早くこの機能が欲しかった!iOSだとPushbulletが使いづらくて、早くWindows 10 Fall Creators Updateにアップデートしたいですね。

スポンサーリンク