パソコンに「ソフトキーボード」はナンセンスだと思う!でもキーを押す力が返ってくるならいいかも…?

海外のデザイナーから、ソフトキーボードを利用したMacBook Proの非公式デザインが登場しました!

ファーストインプレッション、それは絶対に生産性が低くなりそうと言う点。

それでは、続けてデザインの画像を見てみましょう。

やっぱりアップル製品は本当に美しいです!この洗練されたデザイン、非公式ながらも惚れこんでしまいました。

レノボのYOGA Book

でもでも、ソフトキーボードは打ちづらいというのをレノボのYOGA Bookでヨドバシカメラの展示品を触って思っていました。

YOGA Bookでは、キーボード部分に凹凸がないため、押している実感もありません。ブラインドタッチをする際にも、どこのキーを打っているのかわかりにくいというのは、ソフトキーボードで仕事をする人間にとって見れば、ミスタッチが多くなってしまうのではないかと思っています。

ソフトキーボードの話題から脱線しますが、MacBookなどで最近取り入れられてるバタフライキーボードなんかは、個人的に打ちやすいです。やっぱり、キーを押すと力が返ってくるというのがブラインドタッチ時には重要になってくるんですよね。

まあ100%ありませんが、アップルがソフトキーボードを搭載したMacを発表した際に、ソフトキーボードでもキーを押した力が返ってくるという構造ならなんとか受け入れられそうです。

[YANKO DESIGN]

スポンサーリンク