VAIO Pの再来?超小型パソコン「GPD Pocket」が日本でも!バッテリー駆動時間と処理速度が気になる

昔むかし、VAIO Pという超小型ノートパソコンがありました。ジーンズのポケットに入るというのがセールスポイントで、まだまだPCにはあまり興味のなかった自分にとって、かなり物欲が刺激されたPCでした。

そんなVAIO Pに似たマシンが、エム・シー・エム・ジャパンから、5月1日より、7型サイズのウルトラモバイルPC「GPD Pocket」が「Makuake」にて先行販売されています!

スペックを見てみましょうか。

Atomというところがネックですね。Atomはあまり良い思い出がなくて、使っててもっさりというイメージが否めないです。

しかし、画面の解像度がWUXGAということで、WordやExcelなどのソフトが便利に使えそうです、メモリ8GBとストレージ128GBも結構実用レベルで使えそうですね。

気になるのは、バッテリー駆動時間。12時間と公称となっていますが、セキュリティソフト、ブラウザなどの使用でおそらく持って5時間ぐらいかと思われます。この辺りは買ってみないことには話にならないと思います。

[Makuake]

スポンサーリンク