自称(笑)コンサルの永江一石氏の講演の内容を元ガジェット速報ライター・2chVIP系まとめの裏側を知っている自分が叩いてみる

最近、スマホアプリ「アイドリッシュセブン」に熱い間野です。スマホで簡単にプレイすることができ、友達からレビュー用でお借りしてるAirPodsを使っても普通にプレイできるので、運営しているオタク女子向けニュースサイト・いちごあんでAirPodsを真面目にレビューしようと思っています。

イメージ

今日は、自称(笑)コンサルの永江一石氏が政策研究大学院大学で行われている知的財産マネジメント研究会(Smips)において講演を行った内容の記事をたまたま見かけて、あまりにも香ばしい臭いがして、真面目にMacBook Proの前で吹いてしまったので、昼寝しようと思ったのに、ブログの投稿画面を開いてみました。

記事は以下の通りです。適宜引用して、人気ゲーム「ダンガンロンパ」風には行きませんが、 “論破” してみようと思います。

キュレーションメディアについて

永江一石氏:たとえば5000万PVの大手ニュース記事サイトで、Google Adsenseが1PVにつき0.25円くらいですので、せいぜい売り上げが1000万~2000万円程度、スタッフが100人200人いる企業だとすると、1人当たり5万円の売り上げにしかなりません。アフィリエイトだけでは儲からないですよ。

Google Adsenseの1PVの単価の公表はまずいですよ。最悪、Googleから怒られます。

5000万PVの大手ニュースサイトで、売り上げが1000万〜2000万円は、IT系メディアごっこのガジェット速報の最盛期の月1000万PVでは、売り上げが推定400万程度あったものと思われるので、これは間違いのない数値です。

元勤務先の会社のサイトのPV(SimilarWebから)

てか、「スタッフが100人200人いる企業だとすると、1人当たり5万円の売り上げにしかなりません。」って、スタッフ100人がみんなニュースの記事の取材・渉外交渉・記事の執筆に携わっているのですか?少なくとも、月に約1000万PVもある某VIP系の2chまとめサイト、記事の更新は5人程度でやってましたよ。普通に考えて、スタッフ100人いれば、ニュースサイト以外の業務をやってると思います。常識的に考えてw

ちなみに月5000万PVあれば、かなり様々な企業からのPR記事の依頼(恐ろしいくらい高単価)やGoogle AdSenseでは、専属の担当がついて、普通の個人でやるようなAdSenseと比較してかなりいい条件でできるので、それ知ってます?天下のGoogle様ですよ!!

永江一石氏:もし5000万PVのメディアを作り、月に1000万円売り上げが立つとして、サーバー代を考えたらそんなに利益が残らない。

最高に吹きましたwwwwwwwwww

月5000万PVのメディアサイト、サーバーはさくらインターネットの専用サーバとさくらのクラウドを契約すれば少なくとも月30万でできますよ。またAWSもうまくいけばサーバ代も最小限に抑えれるはず。ちなみに、最近では超高速WordPress仮想マシン・KUSANAGIを使えば、NginxとPHPなどのチューニングした環境を使うことができ、WordPressの高負荷サイトを最小限のサーバで膨大なトラフィックを捌くことができます。サーバー代を考えて利益が残らないって、サーバー代にどのくらいかけようとしてるの???

余談ですが、ちなみにKUSANAGIはいいぞ!最近流行りのVPS・Conohaで日記ブログ立てているんですが、爆速です!かなりプライム・ストラテジーさんGood Jobです!

永江一石氏:ではちょっと話を変えましょう。著作権侵害された人も被害者なのですが、一番の被害者は間違った情報を信じてしまう人です。こういうのに引っかかってしまう層(ペルソナ)はどこだと思いますか?

-50代主婦

他には?

-教育水準が低く、情報収集をしない地方に住んでいる人

そこまでいくと検索しないです。そもそもYahoo!で検索トップになったとしても200万人にしか見られてない。日本国民1億2000万人の中でこれだけしか見ていない。

ソースはどこ?具体的な数値を提示していただきいんですが。最近の老若男女は、スマートフォンの普及で、意外に検索していると思いますよ。パソコンを使わないだけであって。

「教育水準が低く、情報収集をしない地方に住んでいる人」ってソースはどこ?かなり失礼だと思いますよ。マジで。「Yahoo!で検索トップになったとしても200万人にしか見られてない。日本国民1億2000万人の中でこれだけしか見ていない。」って、日本国民全員が同じ話題を調べます??常識的に考えてw 200万人って札幌市の人口(約195万4千人)の全員が見てると言えるでしょw これだけ見てれば十分なのに。本当にこれでコンサルなの??

永江一石氏:App StoreのMERYアプリのコメントに “記事が見れない” と嘆いている層がいる。この層は全くニュースを見ていない。スマホを使っていてもニュースに触れていない。

実際に検索を使いこなしてキチンとニュースを見ている層は、せいぜい30万人くらいと読んでいます。ここにいる方(講義を聞きにいらした方)を含めて、自分の周りができているからといって、世間が全てできているとは限らないんですよ。

証拠を出せよ、証拠を。(『半沢直樹』風)「記事が見れない」と言っている層がスマホを使っていてもニュースに触れていないって、どこをどうやったらくっつけられるの??

「実際に検索を使いこなしてキチンとニュースを見ている層は、せいぜい30万人くらいと読んでいます。」ってソースはどこ?ソースは俺ってやつ??

永江一石氏:テレビを見ているのは主婦層で、学歴が低くなるほど見る時間が増えるというデータがあり、大卒と高卒で3倍くらいの差がある。

かつては、家の中の一番のインフルエンサーは新聞を読む父親だった。しかし新聞読まなくなり、せいぜいLINEニュース、しかも芸能ばかり。これを見てニュースと思ってしまっている。

はいはい、そのデータのソースを出してください

「しかし新聞読まなくなり、せいぜいLINEニュース、しかも芸能ばかり。これを見てニュースと思ってしまっている。」って、別に芸能関連の話題を知っていてどこが悪い?必死こいて頑張ってる芸能人に失礼ですよ。そしたらスポーツの話題もダメなの?ニュースってみんなが興味関心あることを伝えるものでしょ

でも、ニュースといっても、アメリカ大統領選挙や糸魚川の大規模火災など多くの方が知っていると思いますよ。ニュースは「芸能」関連の話題ばかりって本当に失礼極まりないですよ、自称(笑)コンサルの永江一石氏w

永江一石氏:ネットで検索するのは、おじいちゃんおばあちゃんではなく主婦層。オークション・ソシャゲ層と一致します。

意味分からんわ。それしか言うことなし。

永江一石氏:ではこれからどうするかということなんですが、政府機関、例えば厚生労働省も消費者庁も正しい情報を載せているけどもまったくSEOを考えていない。なので本当に大事な情報が回ってこない。

これを回ってくるようにすることが我々の仕事かなと思っています。

SEOも考えていないと言ってますが、最近のGoogle先生は優秀ですよ。芸能関連のキーワードで検索するといかにもクラウドソーシングで安く投げたような記事がたくさん出てきていますが、.ac.jpとか.go.jpっていうドメインは「有益な情報が載っている」と判断して、基本的に自然と上位に上がってきますよ。なんでSEOを意識しないといけない訳??

これも余談ですが、「うつ病」「パニック障害」などのキーワードで検索すると製薬会社のサイト・医師監修のヘルスケア大学とか結果に出てきますよ。Welqはあまりもスパム的だったのでヘルスケア大学は風評被害を受けている感じですが。

永江一石氏:とはいえ、国民が最新技術で情報サイトを作ってほしいと声を上げることも大事です。

省庁のサイトは半分以上スマホ化されていないため検索順位が下がってしまう。ただページ数がハンパなく多いので対策が難しいという側面もある。

まあ、ソースはわかりませんが、スマートフォン対応の表示対応は必要なのは同じ意見です。

ちなみに永江一石氏ってどんな人なの??

小学校までは秀才と言われたが(笑)、素行不良で灘中を1年で退学になってからは勉強が嫌いなただの人。東京都立大学工学部建築学科卒(現首都大学東京)新卒でリクルート入社。求人広告制作、INS事業、カーセンサー編集部などを経て退社後、スプートニク設立。

まあ勉強は嫌いなのはわかるけど、能ある鷹は爪を隠しましょう

2012年に永江一石氏を叩いていた記事があります

とりあえず読んでみてください。全く知り合いでもないのに、いきなりツイッターで「ギャグに正面から突っ込んでブログ書くヤツ初めて見ました! 」って、灘校ってこういう人も入れるの?灘校に失礼

イケダハヤト氏を叩いているブログで扱われている記事も参考になります

こちらも読んでみてください。

共用サーバとAWSの意識の違いもわからないみたい

永江一石氏:「共用サーバは危ない」ということに尽きる。(中略)

共用サーバにいる限り、隣が素人だったら同じ。誰もがきちんとした身元の人ばかりの住民のマンションに住みたいと思うが、中にはヤクザとか、夜中に叫び出す人とがが混じると、一気に住環境は悪化する。鍵もかけないで出かける住民が空き巣にはいられるのは勝手だが、空き巣がベランダ伝いにやってきたというのが今回の事件。

そうなると手としては「一戸建て(専用サーバ)を借りる」というのが安心度が高い。複数管理しているなら1台を借りてそれにみんな入れる。しかし専用サーバもいろいろ試したが、1~2年でサーバスペックが古くなってしまうし、そもそも安価な専用サーバではハイスペックなマシンの共用より表示が遅くなるしすぐ落ちる。つまりそこそこのコストがかかってしまう。このブログもサーバにけっこうなお金を払っているが、昨日は何度も瞬断しApacheの再起動を定期的にしてもらった。

んで、自分が採った手段がコレ。「AmazonのクラウドサーバAWSを借りて、管理している顧客のサイトを収納する」である。つまり信用できる隣人しかいれない管理体制のマンションを作る。

AWSは従量課金でサーバ使用料は安いし、画像はS3という別サーバだから表示がめちゃ速くなる。アクセスが集中しても分散化できるからサクサクだ。しかしマネージドではないのでOSのインストールから始まり、素人では運用できない。一般的には月々3万円くらいの運用コスト+サーバ代を専門の会社に支払って運用するわけだが、個人企業レベルではこれは厳しい。

ちょうどわたしのメルマガにこうした会社を起業した人から質問メールが来て回答した経緯から、そこにお願いして安い料金体系を1日で設定(といっても共用よりはずっと高い)してやってみようということになり

共用サーバは、それなりに高いビジネスに特化しているところだと、「セコム」や「ALSOK」並みに責任感持ってサーバ運用してますよ。向こうは金を取って商売してるからしっかりしてると思いますよ。でも、安いレンタルサーバーのロリポップ!も必死になってセキュリティ対策やってますから、完全に安心できるとはいいづらいですが、コスパ的にはいいですよ。

AWSは、root権限がユーザーにある仮想サーバです。イメージとして「セコム」や「ALSOK」に頼まずにセキュリティ対策などは自己責任です。いくら専門の会社に頼んだとしても、AWSのサーバの特性上、インストールされているApache、Nginx、PHPなどの設定やバージョンが、専門の会社が受注している他のユーザーと環境が異なる場合もあり、実質オーダーメイドってやつです。基本的に金かかりますよ。だって、root権限付き仮想サーバの運用にかなり意識すべきことが多く、共用サーバに戻っている方もいらっしゃるぐらいですから(参考)。

ちなみに、永江一石氏が大好きなカゴヤでは、仮想サーバを利用したマネージドの「クラウド型専用サーバ」ありますよ。それだと、カゴヤがサーバのそのものの管理を責任もってやってるので、それ使うと良いですよ(笑)。

最後に言いたいのは、わからないことがあるならブログに書くな、下手に講演で話すな!まずggrks!

眠くなってきたので、ブログはここらへんまでにしておきます。意見・間違っている点があればコメント欄で指摘してやってください。匿名でもOKです。また、2ch、2chまとめ、キュレーションサイト、その他サイトへの転載OKです。

スポンサーリンク