当ブログは2ch、2chまとめ、NAVERまとめなどのキュレーションサイトへの転載を全面的にOKにします!!

DeNAが運営していたWelqという医療関係のキュレーションサイトが、「内容が実態に即していない」「事実と異なる記事を配信していた」とのことで炎上しました。その流れで、著作権侵害を助長しているとされるNAVERまとめなどに言及されることも多く、2016年12月、Web関連の業界では、キュレーションサイトがとりまく環境が大きく変わりました。

そのような中で、改めてキュレーションサイトへの転載を認めない方針を掲げているブロガーさんが多くいらっしゃいますが、当ブログでは、2ch、2chまとめ、NAVERまとめなどのキュレーションサイトへの転載を全面的にOKにします!

2ch関連・キュレーションサイトへの転載をなぜOKにするのか?

キュレーションサイトの代表例「NAVERまとめ」

基本的な個人的ポリシーとして「自分の発信する情報を多くの人に知ってほしい」というものがあります。こうして時間をかけてブログを書いているのも、「言いたいこと」があるということで、ブログを自分の意見の吐き出す場として利用しています。

一方で、本来の “キュレーション” という意味を適用したキュレーションサイトは、インターネット上の膨大な情報を探し出し、有益な情報を集めて記事にするという、本来、役に立ちそうな情報をまとめているサイトです。NAVERまとめでも、さまざまなWebサイトを参照して、必要な部分(法で認められる範囲内)だけ引用し、自分の言葉で情報をまとめている記事もあります。そのような記事は読んでいて役に立つし、面白いというのもあって、個人的にはすごい好きです。

また2chまとめサイトでは、これも2chの発言の中から、「面白い」「役に立つ」情報をまとめています。1スレッドの膨大な書き込みの中、読みやすくしたり、内容をわかりやすくするために、色や文字サイズなどの変更を行い、誰もが簡単に読めるようにしています。

しかしながら、キュレーションサイト・2chまとめサイトが叩かれるのは、必要な範囲以上での第三者の文章・画像などを利用しているサイトが多い、内容が事実と反していることが多いためです。本来の “キュレーション” を実現するためにはある程度の知識と著作権への意識が必要かもしれません。

“キュレーション” はやはり、膨大なインターネット上の情報をまとめて見やすく、誰もがわかりやすくするというのはとても時代に即している流れだと思います。インターネットが生活に必要なインフラとなった今ではどうしてもキュレーションという行為は避けられるものではないと思います。もちろん、それを実現するためには、ある程度の知識・著作権への意識が必要なのは当然です。

インターネット上には様々な意見を持つ人がいる

2chまとめサイトから派生したニュースサイト・某ガ○ェット速報に携わっていたころは、インターネット上において様々な意見を持つ人がいることをすごく痛感していました。例えば、「アップルのiPhone」にしても、アップル賛成派と反対派に分かれ、記事のコメント欄にはさまざまな意見の書き込みがありました。読んでいて、とても的確な指摘をしているユーザーもいたり、「アップル」を否定的に見ているユーザーの発言などいろんな方がいらっしゃいました。

そもそも、人類全員が同じ意見を持っているものではないです。政治で選挙が行われるのも、人一人がそれぞれ異なる意見を持っているから行われることです。

個人的には、インターネット上での議論(厳密に言うと2ch)を活発化させたり、キュレーションサイトで、役に立つ情報の一つとしてブログの記事が提供されるのが嬉しいのです。自分の意見が人に認められるのは嬉しいですし、反対意見も聞くと非常に勉強になります。ドラえもんの映画の記事も「頭が悪い」と匿名でコメント欄で叩かれましたが、そしたら、今度から「どのようにしようか」と考えるきっかけとなりますし、知っているブロガーの発言「匿名からの批判は批判対象に届かない」という言葉は逃げでしかありません。かという自分もガジ○ット速報や2chで叩かれた経験もあります。匿名からの批判は受け止めるべきですし、むしろ意識すべきです(メンタル的にいろいろありますが。。。)。

こういう意見は私一人ですし、例えるなら「三菱東京UFJ銀行の同行内の振り込み手数料が無料だから三井住友銀行も同じ」という考えはしないでいただきたいです。

2chは毎日見させていただいていますし、さまざまな情報がまとめられていて勉強になります。キュレーションサイトへの転載をOKにするのも、「こういう情報があるよ」と多くの人により情報提供ができるからです。

そのような訳で、2ch、2chまとめサイト、NAVERまとめなどのキュレーションサイトへの転載は全面的にOKにします!ちなみに他のWebサイトでもOKです!

※このブログでは、第三者からの寄稿はしない方針で、基本的に自分しか書かないので、このような方針を取りますが、「うちがOKだからよそもOKでしょ」みたいに思うのはやめてください。

スポンサーリンク