LINE Payカードを使い始めました!還元率2%で貯めたポイントを使ってLINEスタンプ購入を企てる

もう国民的インフラといって過言ではないLINEが運営している「LINE Pay」のプリペイドカード・LINE Payカードを使い始めました!

line-pay-card

LINE Payカードとは?

LINE_Pay_Card_4designs.png

LINE Payは、スマホアプリ「LINE」に搭載されている電子マネー。Suicaやnanacoといった電子マネーとは異なり、他人とのお金のやり取りを行うことができるのが大きな特徴です。またLINE STOREなどで決済方法の一つとしてLINE Payが利用されています。

さて、LINE Payですが、他人とお金のやり取りをしないLINEユーザーから見れば、あまりメリットがないと思われたサービスなのですが、リアル店舗・インターネットのJCB加盟店でLINE Payから決済できるLINE Payカードが登場しました!

大きな特徴として、利用した金額の2%でポイントが加算されます。また貯めたポイントはLINE STOREでLINEスタンプの購入や、LINE Payにチャージすることができます。

LINE Payカードを1週間使用してみて思ったことなど

au WALLETなどのプリペイドカードと異なり、コンビニ(セブン-イレブンは除く)でのチャージが可能。いちいち銀行振込やクレジットカードを利用してのチャージ(LINE Payは非対応)が不要!足りない分はコンビニでチャージできるので非常に便利です。

銀行口座からの入金をする場合、チャージが即時で反映されます。三菱東京UFJ・三井住友・みずほ・りそななどに対応していて、1円単位で入金することができます。

また、ポイント加算のタイミングが早いのもとても良いと感じました。JCB加盟店で利用すると、明細が確定し次第、数日でポイントが付与されます。

仮にLINE Payにチャージし過ぎた場合、自分の銀行口座にチャージ分を出金することが可能。これ、au WALLETでは対応しておらず、何かあったときには役に立つんですよね。

ただしJCB加盟店でも使えない店舗などがあり

LINE Payカードは、ガソリンスタンドや高速道路など使えない加盟店があります。また公共料金などの月額課金系サービスの利用もできない場合もあり、注意が必要です。

LINE Payは神カード!

pay001

クレジットカードとは異なり、残高である分しか使えないLINE Payカード。「リクルートカードプラス」などの高還元率クレジットカードをメインに使っていたけれども、クレジットカードならではの ”使いすぎ” が気になってしまう方には、オススメできます。

また、審査がなく未成年でも持てるのもベスト。未成年でVISAデビットカードなどを使っていたけれども、還元率がどうも…というのには持って来い。

個人的に1週間使って愛着がわきました。早速、レンタルサーバ代の支払いで溜まったポイントでLINEスタンプを購入しようと思います。

[LINE]

スポンサーリンク