12インチMacBook(Early 2016)がサイレントアップデート!SkylakeのCore mプロセッサが搭載!

出ちゃいましたね、MacBook(Early 2016)。WWDCでの発表でSkylake世代のCore mプロセッサを搭載した上で、デザインの変更などの大幅なアップデートがあるのではと思っていた矢先の発表です。

macbook

Early 2015ユーザーとして、Skylake世代のCore mプロセッサが気になる

Intel_Core_M_Skylake

MacBook Early 2015モデルを現在進行形で使用しています。Core mプロセッサによる全体的な動作に問題があるかと思ったら杞憂だったみたいで、Webブラウジング・メール・女性向けアニメのニュースサイトの更新と言った用途には困らないです。Early 2016も同じような使い方でも問題なさそうです。

気になっているのが、Core mプロセッサは省電力を意識して設計されているとのことですが、残念ながらEarly 2015では、バッテリーの持ちがイマイチでした。Early 2015で搭載している同じ型番のCPUを搭載したLet’s note RZ4も使用していたのですが、バッテリーはあまり持たない印象でした。

Skylake世代では、より省電力を意識しているとのことで、バッテリーの持ちも期待できそうです。実際に、Skylake世代のCore i7のLet’s note SZ5を使用しているとバッテリー駆動時間が長く感じ、IntelはSkylake世代でより省電力化に成功したのだと思われます。

新型モデルのSSDはPCIeベースなので動作の快適性が上がりそう

実際、CPUがいくら高速化しても、パソコンの全体的な動作に大きな変化を与えるのかと言ったら、そうではないことが大半です。MacBook AirでSSDが搭載されたことで、ディスクの読み込み・書き込み速度がパソコンの動作を大きく左右することが世間で知られるようになりました。

でも、SSDを搭載していても、PCIeベースとSATA接続などと比較すると、PCIeベースのSSDの速度が断然早いです。Windowsパソコンになってしまいますが、同じ環境でPCIeベースとSATA接続のSSDで書き込み・読み込み速度のベンチマーク結果を比較してみると大きく違います。

全体的にPCIeベースのSSDの読み込み・書き込み速度が早いことで、旧モデル(NVM Express接続)と比較すると、きっと動作が快適になっていると思います。

ローズゴールドの登場で、自分らしさをもっとアピールできるのは良さそう

macbook-12

ローズゴールドのモデルが登場しました!従来のスペースグレー・シルバー・ゴールドに次ぐカラーバリエーションです。

最近はWindowsパソコンを使うことが多いのですが、WindowsのモバイルノートPCはダサい。スタバで使うのも自分は躊躇しませんが、オシャレな場所にはオシャレなものを使いたいのが人間の心理。

Macはデザインが洗練されており、スタバでコーヒーを飲みながら使うのには最高だと思います!女子大生がローズゴールドのMacBookでレポートを書いているシーンが容易に想像できます。

お値段が高い!でもMacらしさが出ていて最高!

MacBook AirやMacBook Proと比較すると、どうしても販売価格の高さが気になってしまいます。でも、アップルがコンピューターに追い求めるデザインの理想が詰まっているので、使っていると愛着心が湧くと思います。

外出先で動画や画像のハードな編集などをしなければ、スペック的にもMacBookで対応できます。MacBook AirにはないMacBookらしさがあるので、Airと迷ったらこっちをオススメしておきます。

[Apple]

スポンサーリンク