【PR】楽天モバイル・格安スマホアンバサダー・プログラムイベントに行ってきました

相変わらずブログはご無沙汰といったところで申し訳ございません。現在、2つのとあるサイトの立ち上げに携わっており、それに加えて、某所でいろいろとやっていると時間があっという間に過ぎてしまうんですよね。ブログを書こうと思ってもなかなかそうはいかないのがつらいところです。

楽天モバイルのイベントに行ってきました!

IMG_457266467

さて、楽天モバイル主催の「格安スマホアンバサダー・プログラム」のイベントに行ってきました。

アジャイルメディアネットワーク様と楽天モバイル様からご厚意として、楽天モバイル・honor6 Plusをモニター用に提供していただきました。さらに楽天モバイル様からは3.1GBプランを1年間無料で使わせていただけることになっています。ありがとうございました。

格安スマホとは何?

IMG_457267065

最近話題の格安スマホ。既にマツコ・デラックスをCMキャラクターに採用したOCNや、安定した品質でデータ回線を提供するIIJmio、楽天グループの集大成的存在の楽天モバイルなどがあります。

セッションの中では、格安スマホは “格安” が付いているからといって、端末は格安ではないとアピールしていました。楽天モバイルでは、スペック的にも、ドコモが販売しているようなハイエンド機ではなく、普通に使えるミドルレンジモデルが中心にラインナップとしています(最近はハイエンド機の提供も増えてきました)。

IMG_457267172

安さの秘密として、この辺りは難しくなるのですが、料金・速度などを各社で設定することで安さを実現しています。

IMG_457267266

また、大手キャリアショップのような全国の実店舗を持たず、販売チャネルの主体をインターネットとしているため、安価に提供することが可能です。

アンバサダー・プログラム導入の背景について

IMG_457267330

楽天モバイルがアンバサダープログラムを導入した背景について説明が始まりました。

IMG_457267338

まだまだ知られていない格安スマホ。ブログを通じて、格安スマホ業界を盛り上げたいとのことでした。

格安スマホ業界では、ケイ・オプティコムのmineoが「マイネ王」というサイトを立ち上げて、ぶっ飛んでいることをしたり、IIJmioでは、コアなギークのための技術的な解説イベント「IIJmio meeting」とその懇親会を開催したりと試行錯誤を繰り広げています。今回、楽天モバイルはブロガーにモニター用に端末をプレゼントする太っ腹な企画ですが、果たして当ブログではどう楽天モバイルや格安スマホ業界を盛り上げていけばよいのでしょうか…?

実は、マイネ王のオフ会があったのですが、その際に、ケイ・オプティコムのお偉い様にトイレで「ブログを書かれてるんですね?」と声をかけられたことがありました。自分はVIP○ER速報の会社にいた経験から、ブログの影響力を過小評価してたのですが、実際にブログって影響があるのだと痛感しました。また、IIJmioの飲み会などでは、IIJの佐々木さんによくお世話になっています。以前は懇親会では、ドコモのPREMIUM 4Gのイベントについて語らせていただいたり、裏事情なども…。

脱線したので話を元に戻します。

格安スマホの特徴について

IMG_457267469

格安スマホの特徴についてです。

IMG_457267480

読んで字の如く、「月額料金が安い」。データ通信を2GB、電話を月で30分しか使わないライトユーザーの場合、楽天モバイルと楽天でんわを併用することで月額料金を3分の1に抑えることが可能です。

IMG_457267667

楽天モバイルでは、ドコモ(将来的にauも?)のネットワークを借り受けているので、通話・インターネットがドコモの電波が届くエリアなら利用することができます。

IMG_457267759

実は、ドコモ・au・ソフトバンクから070/080/090番号をMNPで楽天モバイルを契約することができます。この辺り、詳しい仕様について触れると難しくなりそうなので割愛します。

IMG_457267802

格安スマホでは、一般的な回線契約の方法とされる “契約と同時に端末をセットで購入” ではなく、スマートフォンの中に挿入するSIMカードのみを契約することが可能です。

そのため、今まで使用していたNTTドコモのスマートフォンに楽天モバイルなどのMVNO(格安スマホ提供業者)のSIMカードを挿入して少し設定を変えれば、問題なく利用することができます。

IMG_457267935

また最低利用期間が短いことも特徴です。大手携帯電話会社は、最低利用期間を24ヶ月と設定し、なぜかそれが自動更新されるというおかしなことになっています。しかしながら、楽天モバイルなどの格安スマホを取り扱う通信事業者では、最低利用期間が約12ヶ月と短いことが特徴にあげられます。

格安スマホをどうやって選ぶ?

IMG_457268029

格安スマホを選ぶポイントは何でしょう?

IMG_457268050

見えづらいですが、楽天モバイルでは4種類のデータ通信可能量、音声通話なし、音声通話あり、SMSオプション(LINEの認証などに使用)から料金プランから選ぶことができます。

まずは、自分がどの程度までデータ通信を使うのかを意識して決定するのがおすすめです。また、途中でデータ通信量の料金プランの変更は可能なので、初めは多めもしくは少なめに想定しておいて、実際の使用量を元に料金プランを変更するのもいいと思います。

IMG_457268289

楽天モバイルでは、月額料金が初月無料です。

IMG_457268394

格安スマホは端末のラインナップが少ないと思われがちですが、楽天モバイルでは8種類の中から選べます。ファーウェイ、ASUS、シャープ、富士通などが提供されており、格安スマホ通信事業者では、最多と自負しているとのことです。

IMG_457268785

楽天モバイルはもちろん、楽天スーパーポイントが貯まります。セット端末に期間限定ポイントを使用したり、申し込み特典で最大9000ポイント獲得できたりします。月々の支払いにも100円で1ポイントが付与されます。

楽天モバイルで一番すごいと思ったのが、楽天モバイル契約期間中、楽天市場での買い物のポイントが2倍という点です。楽天で頻繁に買い物をするユーザーには魅力的ですよね。

IMG_457268743

また、大手携帯電話会社と異なり、高速通信のON/OFF切り替えが可能です。高速パケット通信の節約に非常に有効です。

IMG_457268466

楽天モバイルでは、東京・渋谷、二子玉川、仙台にリアル店舗を展開しています。

大手携帯電話会社では、日本各地に店舗を設けているため、ショップの人件費がどうしてもかかってしまいますが、楽天モバイルでは店舗を最小限で済ますことで、ユーザーの負担額を減らすことができるとしています。

IMG_457268699

MVNOの柔軟性を活かして、通信量の翌月繰越が可能です。

IMG_457268865

楽天モバイルのハイエンド端末「honor6 Plus」は一括45800円。分割では2061円/月。

楽天モバイル様からのプレゼンは以上となります。

楽天モバイルからhonor6 Plusを提供していただきました

楽天モバイル様からhonor 6 Plusを提供していただいたのですが、現在使用している格安スマホの業者・IIJmioとmineoと通信比較を行ってみたり、写真撮影の比較などを行ってみようと思います。

現在別の仕事が立て込んでいていつ記事にできるかわかりませんが、なるべく早めに記事として出したいと考えています。

スポンサーリンク