加熱するMVNO競争に関して一言。ユーザー放置で利益追求は良くない!

最近、MVNOの参入が相次ぎ、ユーザーにとってみれば、格安通信サービスの選択肢が増えることとなりました。

IMG_20150412_020758

ざっと挙げるだけでも、MVNOのパイオニアの日本通信、安定した品質のIIJ、知名度抜群のOCN、関西電力系でau網を使ったmineo(ケイ・オプティコム)など。その他、様々な業種の企業がMVNOサービスの提供を開始しています。

思ったのは、ユーザーありきの通信サービスのはずなのに、ユーザーの存在を無視し、MVNOが流行っているから参入したという企業が多い気がするのがなんとも言えません。

SIMロックフリー端末はどうするの?

今ではヨドバシカメラやヤマダ電機でSIMロックフリーの端末が販売されているものの、基本的にどこの会社が製造しているのかわからないノンブランド製品が中心。しかも、ASUSなどの大手メーカーが製造していても、マジョリティ層にはASUSというメーカーが認知されておらず、マジョリティ層にとってみればなんとも言えない状況。マジョリティ層がいきなり安いからといってFreet○lやASUSの端末を購入する訳ではないでしょw

VAIO Phoneは日本通信とVAIOがコラボレーションして、MVNO業界に一石を投じるかと思いきや、台湾メーカーのODM販売が発覚して残念な結果に終わりました。が、VAIO Phoneが仮に、安曇野のVAIOらしいデザインで、MVNOのパイオニアの日本通信が(帯域を制限しつつも)画期的な料金で提供したら、イオンなどの販売業者がこぞって販売を行っていたでしょう。VAIO PhoneはMVNO(格安SIM)市場の覇権を取れたはずなのに惜しいことをしました。

さて、ドコモのMVNO系を始めとするSIMはあり気の商売。前述の通り、マジョリティのユーザーはFr○etelやASUSのSIMフリースマートフォンを好きで買うことはないと思います。と言っても、中古市場で販売されている白ロム端末の購入も「一度人の手に渡っているから」と敬遠気味。ブックオフなどもMVNOに参入するみたいですが、ユーザーが満足できる端末の提供はMVNOのビジネスをするにあたって必須ではないかと思います。

これこそ、ASUSが積極的にテレビCMを打ったりしてマジョリティ層のプロモーションを行ったり、他のSIMフリースマートフォンメーカーが、イオンなどで積極的にブランドを追求しなければ、SIMだけ供給過剰になって端末不足に陥るというか、既に陥っていると思います。

現にau系MVNOのmineoやUQ mobileがこの問題にすごく直面していて、ユーザーがMVNO事業者から端末を直接購入するか、それとも嫌々、中古でスマートフォンを買う必要があるのではないかと思っています。他のSIMフリー端末がそのまま流用できるドコモ系MVNOと比較して、どうしても端末面でこの問題に陥っているのはとても大きい問題です。

じゃあ、MVNOは今後どうすべきなの?

MVNOの発展でこういう話がありました。「端末にdocomoと表示がされているから、格安SIMを挿入していてもドコモショップに行けば問題が解決する」よねみたいな話を聞いたことがありました。

自分たちみたいに、アーリーアダプター層ではMVNOとMNOの違いを把握していても、マジョリティ層にとってみれば、ドコモと端末に表示してあれば、ドコモショップですべて問題が解決すると思っている人が多いと思います。

じゃあ今後、MVNOはどうすべきなのと思いますが、ユーザーのサポートをしっかり行うべきではないかと思っています。マジョリティのユーザーがドコモショップに行く前に、電話などでサポートできる環境が必要だと考えています。が、某社の中の人の話によると、マジョリティ層になるとサポート時間が人件費を圧迫するらしいですが、軽々しくMVNOに参入する余裕があるならば、利益よりもユーザーのサポートを行う環境を整えるべきだと考えるのは自分だけでしょうか…

まだまだMVNOは発展段階

格安SIMの認知度が上がってもまだまだMVNOは発展段階。前述の通り、ユーザーへのサポートがしっかりしていない事業者は淘汰されていき、今後はIIJ・OCN・mineo・UQ mobile・BIGLOBEの5社ぐらいの競争に落ち着くでしょうか。個人的な意見として、ユーザーのサポートができない事業者ならさっさとMVNO事業をやめるべきだと考えています。というか、何もスマートフォンの操作をできないユーザーを抱えていても損だけだと思います。

そんな訳で最近の格安SIMとMVNO業界に思うことを書いていきました。プロントで食べるカルボナーラとハイボールがおいしいれす。

スポンサーリンク