NTTドコモ「PREMIUM 4G先行お披露目会」に参加! ―実測185Mbpsという爆速を記録

2月25日にブロガー向けに開催された「NTTドコモ LTE-Advanced先行お披露目会」に参加してきました。既にサービス内容については、ブロガー向けイベントの前に報道陣向けに公開されており、ケータイWatchやEngadgetなどのニュース系サイトで掲載されているLTE-Advandedの新ブランド「PREMIUM 4G」についての情報を事前に入手しての参加でした。

DSC01397

普段はIIJの「IIJmio meeting」などに参加していますが、今回、MNOのNTTドコモが開催するブロガー向けイベントというのは珍しいなと思いつつ、参加してきました。

DSC01378

会場は丸の内のドコモラウンジ。

DSC01380

「PREMIUM 4G」対応のモバイルWi-Fiルーター「HW-02G」と「L-01G」が展示されていました。

イベント開始

DSC01383

イベントが始まりました。

DSC01384

NTTドコモネットワーク部の平松部長から挨拶です。LTE-Advancedの規格値225Mbpsを意識して、2月25日を開催日にしたとのこと。

DSC01394

プレゼン開始です。

DSC01396

ドコモのLTEは次のステージに進化。LTEという通信規格をベースにした次世代通信規格「LTE-Advanced」が2015年3月27日にサービスイン。

DSC01397

ブランド名は「PREMIUM 4G」。

DSC01399

「PREMIUM 4G」では複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション」と「アドオンセル」というトラフィックが集中するエリアに設置されるものから構成されます。

DSC01401

今回のPREMIUM 4Gでは800MHz帯の75Mbpsと1.7GHz帯の150Mbpsもしくは、1.5GHz帯の112.5Mbpsと2GHz帯の112.5Mbpsを束ねて225Mbpsの通信速度を実現します。

DSC01403

現行のLTEと比較して、ファイルのダウンロード時間は60%になりました。

DSC01406

また「高度化C-RAN」と呼ばれるシステムにより、アドオンセルをトラフィックの集中するエリアに設置することで、うまく通信がスムーズに行くように調整を行っています。

左の図では、東京の山手線内のエリアのトラフィックのグラフとなっていますが、東京駅周辺など、局所的にトラフィックが集中する傾向になっています。そのようなところで、アドオンセルを導入することで「既存の基地局のトラフィック過多の減少」および「通信パフォーマンスの向上」を目的としています。

DSC01407

トラフィック集中場所での実効速度がフィールドテストにより、70%向上しました。

DSC01412

従来のLTE端末では、スタート地点からゴール地点にあたる点において、スライドのように基地局から遠くなると、スループットが下がる傾向にあります。

DSC01414

しかしながら、キャリアアグリゲーションを導入して複数の周波数帯を束ねることによって、スモールセルとマクロセルの連携で、スモールセルとスモールセルの間の弱電界エリアでも快適に通信することが可能となります。

DSC01417

つまり、LTE-Advancedに対応した端末では移動時において安定した高速通信を行うことができます。

DSC01418

商用環境において、2014年11月からは、横須賀のドコモの開発拠点、ルーラルエリアにおいて茨城県の鉾田地区、高トラフィックエリアとして北海道の札幌でフィールドテストが行われていました。

DSC01419

3月27日のサービスインでは、全国22都道府県38都市の都市部から展開を開始します。

DSC01420

山手線内では、池袋・新宿・渋谷・新橋・東京などでは、3月から順次展開されます。

DSC01422

まずはモバイルWi-Fiルーター2機種から対応。PREMIUM 4G対応のスマートフォンは2015年度早期に提供される予定です。

DSC01426

3GPPというモバイル通信の技術を採択する機関において、ドコモのPREMIUM 4Gはカテゴリ6に属します。ドコモでは、キャリアアグリゲーションで262.5Mbpsを実現しようと検討を進めています。しかしながら、300Mbpsでは20MHz帯の周波数を重なる必要があり、ドコモが保有する周波数では難しいとのことです。

DSC01429

実際に商用環境として展開されるのは225Mbpsですが、東京・ドコモラウンジ、名古屋・スマートフォンラウンジ、大阪・グランフロント大阪のドコモショップにおいて、262.5Mbpsを体験できます。

DSC01430

262.5Mbps対応スポットでは、800MHz帯の112.5Mbpsと1.7GHz帯の150Mbpsのキャリアアグリゲーションで262.5Mbpを実現します。

DSC01434

2014年度ではフルLTEということで150Mbpsのサービスを提供していましたが、2015年度にはさらに300Mbpsを目標にサービス展開をしたいとのこと。2016年度では、総務省から認可された3.5GHz帯を利用した300Mbps超のサービスを実現を目指します。そして、東京オリンピックの2020年までには5G(第五世代通信規格)の規格の商用化に向けて動いています。

DSC01436

ドコモの目指すネットワークとしては、「技術革新を先導する最新のネットワーク」「サービスを進化させるシンプルなネットワーク」「バランスのよい効率的なネットワーク」の3点をお客様が楽しめるような形で提供したいと平松部長はしています。

DSC01437

いつでもどこでも快適なモバイル通信をユーザーに提供するのがドコモの使命とのことでした。

DSC01442

実際に完全にPREMIUM 4Gのリソースを専有した状態でのスピードを披露。1分間の平均で220Mbpsが出ているのは恐ろしい…

タッチアンドトライコーナー

DSC01448 DSC01450

今回は「ピークスループットの測定」と「4K動画のストリーミング」を実際にPREMIUM 4Gのネットワークで実施していました。

DSC01451

先行体験環境では、PREMIUM 4Gと通常のLTEでのスピードテストでの比較です。

DSC01458

テストでは、1.7GHz帯と800MHz帯のキャリアアグリゲーションを対応したモバイルWi-Fiルーター(HW-02G)を使用。

DSC01462

比較対象として1.5GHz帯を掴んだモバイルWi-Fiルーター(HW-01F)が用意されていました。

DSC01455

早速比較です!

DSC01456

PREMIUM 4Gの結果。

DSC01457

見づらいですが、通常のLTEでの結果。

4K動画のストリーミング再生

DSC01464 DSC01465

残念ながら、ネットワーク上の都合で、報道陣向けに公開されたデモの動画での再生でした。

実際に動画を見てみると、動画は止まることのなくスムーズに再生されていました。

PREMIUM 4GでSpeedtest.netでスピードテスト

DSC01471

ドコモの方のご厚意で、実際にインターネットに接続した環境でスピードテストを実施しました。環境としては、Speedtest.netでSuzukaサーバーに接続しました。結果として下り185.53Mbpsを記録!ドコモのPREMIUM 4Gのネットワークはモンスターでした。

またYouTubeで4K動画の再生やニコニコ動画の再生を行いましたが、スムーズに動画を再生することができました。読み込みもスムーズでやはりドコモのネットワークはあまりにも完成度が高いのではないかと痛感しました。

Q&A

料金体系についてどうなのか?

― 今のところ、このサービスのための加入は考えていない。Xiのサービスの一環として、ユーザーの通信速度の向上の一環としてPREMIUM 4Gを展開。PREMIUM 4Gのための料金プランを用意せずに、既存のXiの料金プランで対応する。

ドコモラウンジでPREMIUM 4Gの体験ができるのはいつなのか?

― 3月中には対応。

「快適」というのはどのようにイメージされているのか?

― ユーザーごとに利用シーンが異なり、どのような面で “快適” なのか定義づけるのは難しいが、ブラウジングなどのちょっとした通信は1~2Mbpsのスループットで対応することができる一方で、混雑エリアでもYouTubeなどのHDの動画を再生をできるのが “快適” に近いのではとしている。具体的には混雑エリアでもYouTubeのHD動画に必要な帯域の2倍を確保する。また、フィールドテストを常に行っており、郊外のエリアではフルLTEで70Mbpsが出ている一方で、それが新宿駅の混雑エリアのラッシュアワーの時間帯のような場所・時間では速度が出ていないということもあり、ドコモはそれを課題視している。PREMIUM 4Gを導入することで、「帰宅のときに動画でも見てゆっくり帰りたいな」というようなユーザーのニーズに合わせて、ダウンロードの速度を改善する。

現状用意されているプランだとPREMIUM 4Gでは1週間で通信容量を使いきってしまうことがありそうだが、それにはどう対応するのか?

― ドコモでは、今の料金プランが最適だとは思っておらず、ユーザーの利用シーンに合わせて料金プランの見直しを行う。

PREMIUM 4Gでは端末の表示があったほうがわかりやすいのでは?

― 貴重なご意見。社内で議論をしたが、「PREMIUM 4G」を利用するのに別途加入が必要であるならば、端末に表示することが義務だと考えているが、CAや高度化C-RANの利用を多用しているPREMIUM 4Gでは端末において表示がわかりづらいこともある。ドコモではスループットを出すことに注力したいが、今後検討する。

3月27日からサービスが開始されるが、MVNOでも利用ができるのか?

― 対応端末があれば、技術的には問題なくできる。

提供地域が駅ごとに表示しているが、例えば東京駅といった場合、周辺どのくらいが対応範囲なのか?

― ドコモのサイトで住所ごとに対応しているエリアを公開している。具体的には、駅の周辺でトラフィックが高いようなところで対応する。

PREMIUM 4Gの上限はカテゴリー6で最大の300Mbpsだが、どの時点で5Gに対応するのか?

― 総務省から割り当てられた3.5GHz帯を用いて、300Mbps超えを2016年度では実現したい。5Gはまだ標準化規格をグローバルでやっているものの、まだこれから議論が深められているフェーズであり、まだ仕様が決定していない。ドコモとしては、2020年の東京オリンピックの際に5Gで通信面で貢献したいというのを目標に掲げて行っている。

今の料金プランでは、PREMIUM 4Gにうまく対応できていないのでは?

― ドコモでも新料金プランが完璧であるとは考えていない。時代の変化に合わせて対応する。

300Mbpsの周波数の束ね方はどうするのか?

― まだ決定はしていない。

Xiという名前は今後どのようにするのか?

― Xi自体はわかりにくい部分があったが、今後の世界観をXiという無限大のロゴで表現しており、大きいXiという傘の中にPREMIUN 4Gとしてサービスを提供する。

今回の体験で感じたこと

UQが220Mbpsというスピードでデータ通信を提供しているが、ドコモもそれに負けない努力を常日頃から考えていると思うと、ユーザーからすると、やはり “ドコモ品質” は良いよねと痛感しました。今の新料金プランで4K動画をPREMIUM 4Gのネットワークで見たら、現行のプランで提供されている1ヶ月の通信容量を大幅に超過してしまいますが、時代のニーズに合わせて的確に料金プランを見直すということが名言されて一安心しました。

個人的には、ワイモバイルのモバイルWi-Fiルータ「305ZT」のように、P2Pのユーザーの締め出しで行っている500MBごとに高速通信容量の操作などをドコモでも行ってくれたらいいのにと思いますね。

スポンサーリンク