CA対応WiMAX 2+&au 4G LTE対応のモバイルWi-Fiルーター「W01」を発売日に購入します!

UQが提供する最大220MbpsのWiMAX 2+に対応するモバイルWi-Fiルーターの新製品「W01」(Huawei製)を発売日に購入します!

w01-mobilewifirouter

というのも、今使っているHWD15があまりにもWiMAX 2+の電波を拾わず、速度の遅い通常のWiMAXに下がってしまいます。今春からWiMAXの帯域が一部WiMAX 2+に回されることもあって、WiMAXでの最高速度は13.3Mbpsとなり、今後、HWD15を使用する上であまりにもデメリットが多くなってしまう可能性が高いです。なので今回の新機種「W01」の購入を決めました。

WiMAX 2+の端末はあまりにも不具合が多すぎた

ドトールやカフェ・ド・クリエなどのWi-Fiスポットのない外出先やインターネット環境のない大阪の実家において、動画サイトや重いデータのダウンロードなどの用途で使うのは “無制限” が売りのWiMAX 2+です。今のところ、市場に出回っているWiMAX 2+のモバイルWi-Fiルーターは全部使いましたが、あまりの不具合の多さに呆れました。

HWD14

hwd14

2014年3月にWiMAX 2+の初号機「HWD14」をヨドバシカメラで購入。発売日から時間が経ち、定期的なファームウェアのアップデートで価格.comなど世間が酷評していたあまりの不具合の多さは感じられなかったものの、どうしてもWiMAX 2+での電車での移動時のハンドオーバーが下手。後述するNAD11よりハンドオーバーの性能はマシですが、その他、通常利用時にフリーズをしてしまうこともあり、使う上でどうしてもストレスが溜まってしまったのが難点。

NAD11

NAD11

そして2014年6月に発売されたNAD11を@niftyで購入。NAD11のひどさにはすごく呆れました。バッテリーがあまりにも持たず、4時間程度で完全にバッテリー切れやWiMAX 2+の感度の悪さ(HWD14と比較して)、WiMAXエリア内での電車などでの高速移動時のハンドオーバーの下手さに加えて、本体の異常な加熱など、「市場にそのまま出して大丈夫なの?」というのが率直な感想でした。

HWD15

HWD15

2014年11月、たまたま新宿のヨドバシカメラでその件について、WiMAX担当の店員さんとお話していて、「HWD15ならその点は解消されているかも」というので、@niftyでの違約金を払い、再度ヨドバシカメラのワイヤレスゲートにてHWD15を購入しました。結果として、今まで感じていた不満は解消されましたが、どうもWiMAX 2+での接続が下手、具体的に言うと、WiMAX 2+エリア内でも初めはWiMAX 2+で接続していても自動的にWiMAXで接続されてしまう or 完全にWiMAXしか掴まないというのが現状。肝心なWiMAX 2+が使えない

結局、津田沼のヤマダ電機で “養分” として割賦で購入したワイモバイルの305ZTのほうがソフトバンク・ワイモバイルのLTEまたはAXGPの感度も良く、場所によってはそちらが高速。メイン端末として305ZTを使うことが多かったのが、ここ最近の自分の中のモバイルWi-Fiルーター事情です。

W01に何を期待するのか?

W01には安定したWiMAX 2+の通信ができることを期待します。WiMAX 2+しか接続できないのが欠点と言われますが、逆を言うとWiMAX 2+しか掴まないから安定してWiMAX 2+を利用できるとも解釈することもできます。同時に使えるauの4G LTEは別途料金もかかり、それに加えてドコモのモバイルWi-Fiルーター「HW-01F」を持っていることもあり、今後行くと思われる青森県の鰺ヶ沢町や鳥取県の岩美町などのルーラルエリアなどではHW-01Fを利用予定です。305ZTが快適なら305ZTを使えよ、とツッコまれますが、305ZTのレビューを書くときにも言いますが、月間の総利用容量が7GBを超えたときに行う500MBごとに高速通信をできるようにする作業が面倒!

またWiMAX 2+利用時において8時間の通信が行えるのは魅力的。朝、家を出てから夕方ぐらいまで電源を入れっぱなしにして、Wi-Fi運用している端末をいつでもインターネットに接続できるのは嬉しい。

同時にクレードルも購入するので、実家の帰省時に電源を入れっぱなしで固定回線代わりに使えるのも期待として高いです。

しかし、契約先がGMOとくとくBB。予定としては、HWD15に挿入しているワイヤレスゲートのSIMをW01に差し替えて利用します。GMOとくとくBBは契約から11ヶ月後のキャッシュバック2万円をもらってから解約するので、それまでのランニングコストとして3万円ぐらいかかりますが、自分の趣味的にいろいろとお遊びできそうなので、その辺りの出費は気にしません。というかむしろ、お遊びできるということはブログのネタになる → ブログへのアクセスが増えるという好循環になるんじゃないかなと思ってます。

スポンサーリンク