クラウドソーシングで働き方いろいろ!自分のスタイルを見つけてみよう

新しい仕事の形として注目されているクラウドソーシング。個人がインターネットで仕事を依頼でき、その上、個人で仕事の受注もできる。そんな双方向性を持った仕事の形です。

そしてこの仕事の仲介役を担うのがクラウドソーシングサービスなのです。

仕事はお金を介して行われます。依頼主が受注者に仕事の報酬としてお金を払う形態となります。そして金銭トラブル解決や仕事の斡旋などの目的をクラウドソーシングサービスが果たしてくれます。

依頼できる仕事はそれぞれのクラウドソーシングサービスによって異なりますが、個人レベルで “自分ではできないこと” を気軽に他人に依頼できる新たなサービスと言っても過言ではないでしょう。

クラウドソーシングの主な業種

  • WEBデザイン、WEB制作
  • システムエンジニア
  • イラスト、ロゴ制作
  • ライティング
  • 外国語翻訳
  • 企業PR、コンサルティング
  • 動画、画像制作

クラウドソーシングサービスを利用する5つの利点

1.仕事として活用できる

お金に余裕がない、もっとお金を稼ぎたい。そんな要望にクラウドソーシングは最適です。本職のある人でも同時に利用できるため、活用の幅が広がります(会社の副業禁止規定に要注意!)。アルバイトとしてお小遣いも稼げ、努力次第では自分の収入源としても期待が持てます。

2.自分の好きな時間にできる

時間や居場所に縛られない。自分でスケジュールを決めて仕事を行う。フリースタイルで主体的な作業環境です。今流行りの “ノマド” もすることが容易です。ここがクラウドソーシングのメリットでもあります。

ただ、仕事の条件はそれぞれの依頼主によるため納期も限られますし、完全にマイペースで仕事をしてよいというわけでもありません。

3.自分のスキルを生かせる

今までに活用できていなかった資格、スキルに活躍の場が出るのです。すでに本職として仕事をされている方の経験も生かして仕事ができます。

そして、趣味として持っているスキル。イラスト作成や動画編集など、仕事にはできなかったことでも収入源になるのです。

4.交流の幅が広がる

クラウドソーシングサービス内では、依頼主も受注者もプロフィールを持ちます。インターネットでの仮想的な付き合いですが、そこからメールなどで連絡を取り交流を深められるのです。

それぞれが求めている人柄、人材、スキル。意見の合った人同士でチームを作ったり、仕事を長期的に継続していくパートナー関係も作れます。

5.スキルアップできる

自分の才能を生かすのがクラウドサービス。文章作成能力に自信がなくとも、ライティングの仕事をしているうちに才能は磨かれていきます。誰でも最初は未経験。仕事をしていくうちにスキルが向上しステップアップしていけるようになります。

クラウドソーシングサービス一覧

1.ランサーズ(Lancers)

lansers

URL:http://www.lancers.jp

業界でも最大手で依頼主、受注者の数ではトップクラス。会員が多いので仕事を依頼するのも受注するのにも幅広く探せます。

仕事のカテゴリはさまざまで、グラフィック関係からライターまで一通りの仕事は探せます。機能や使いやすさでも文句なく、検定試験やスキル確認などプロフィールの充実も可能。

2.クラウドワークス(CrowdWorks)

cloud-works

URL:https://crowdworks.jp

ランサーズと同じく仕事先が豊富で総合型のクラウドサービスといえます。サイトの使いやすさや案件の多さでランサーズと同等以上と言っても過言ではないでしょうか。

ここクラウドワークスでは時給制で仕事ができたり、フリーランスを支援していたりと意欲的なサービスが特徴です。会員数も急上昇しており今後の期待が持てるサイトです。

3.ココナラ(coconala)

coconara

URL:http://coconala.com

クラウドソーシングは業務という側面が強く、気軽に利用するのも気が引けるところがあります。ココナラではもっと自由に、自分の思いついたことやちょっとしたサービスを提供できるのです。

例えば、「アナタのために詩を作ります」「野球がうまくなるコツを教えます」といったアイデアとか。ユニークな特技を利用者に提供してもよく、もちろん資格を生かしたサービスを提供してもいいのです。

ココナラは請け負う人が主体となった仕事になっており、依頼者から仕事を受けるのではなく、より自分のしたいことを生かせます。

4.シュフティ(Shufti)

shufti

URL:http://www.shufti.jp

在宅ワーカーに多い主婦の方に最適なワークがあるのがシュフティ。他のクラウドサービスよりも女性向けの案件があるので選びやすく仕事もはかどります。

主婦向けのデータ入力業務は以前から存在しましたが、シュフティは業種も豊富。翻訳からライティング、デザイン関係からWEB制作と一通りの仕事があるのです。宛名書きやシール張りなどの内職もあるので得意な方にはお勧めできます。

5.クラウドゲート(CrowdGate)

crowdgate

URL:http://www.crowdgate.net

グラフィック関係に特化したクラウドソーシング。依頼者、受注者共に求めているカテゴリが同じのため交渉もしやすく依頼も受けやすいのが特徴です。

気に入ったイラストレーターやデザイナーと交流も図れますし、継続的な仕事もできます。

クラウドソーシングサービスの実情

クラウドソーシングサービスは歴史も浅く、発展途上にあります。依頼者、受注者の双方にとって快適に仕事が出来る環境を作ろうとしているのです。全て無料で登録できますから、サイトの使い方や雰囲気を調べるのも自由に出来ます。

ただスキルに乏しい人にとっては厳しい現実もあるのです。クラウドソーシングは基本的にお仕事ですから、資格や特技に秀でていないとお金は稼ぎづらい一面を持ちます。

「自分には収入になる資格がある」

「これから技術を磨いていきたい」

そんな人におすすめできるのがクラウドソーシングというサービスなのです。

スポンサーリンク