2014年のガジェット遍歴 ―ヨドバシカメラでVAIO Pro 11を衝動買い

2014年は、ガジェットクラスタとして通過儀礼と言っては過言ではない、ワイモバイルの「総合的判断」で梅田のヨドバシカメラでNexus 6の契約を断られました。ソフトバンクグループで契約状況が共有されているため、ワイモバイルがBL(=ブラックリスト入り)入りしたことは、ソフトバンクもBLということに。MNPでソフトバンクのXperia Z3が欲しかった…

さて、2014年で一番大きな買い物として秋葉原のヨドバシカメラで一目惚れした「VAIO Pro 11」。スペックとしては、Core i3でメモリ4GBの最小構成で、Officeをオプションでつけたので13万5000円ほど。これは実に正解で、3年ぶりぐらいのWindowsですが、さくさく動作してCore i3のモデルで十分なほど。

また、isai FLも音楽再生用スマートフォンして購入しました。じゃんぱらで29800円。自分で入手するのもいいですが、回線がなかったので、白ロムにて入手です。mineoのSIMを挿入して使っています。しかし、MVNOの回線なので、mineoを利用するユーザーが多い時間帯には通信速度が落ちてしまうのが難点。CA(キャリアアグリゲーション)にも対応していますが、mineoにはオーバースペックだったかもしれません。

モバイルWi-Fiルーターは、ワイモバイルの305ZT、WiMAXはHWD15を購入しました。

305ZTは10月に津田沼のヤマダ電機で購入。ワイモバイルの担当のお姉さんと雑談していて、305ZTはソフトバンクの2.1GHz帯のLTEとAXGPのキャリアアグリゲーションが使えると力説され、回線オタクの俺は契約しちゃいました\(^o^)/

その時は、7GB制限がかかっていたのですが、11月に500MBごとに通信速度を元に戻す操作が2年間無料の発表に俺歓喜!ワイモバイルの電波はWiMAXと比較して入りやすいですし、速度も高速。自宅のフレッツ光+プラネックスのWi-Fiよりもスピードが早いということも。

残念ながら、11月辺りから305ZTは一括0円で毎月割が2000円付き、月2200円程度で運用できるキャンペーンがあったのですが、俺は本体を割賦で購入した養分です…

ちなみに、HWD15はほとんど利用せず休眠状態。というのも、HWD15を詳細にレビューするときにも書きますが、WiMAX 2+の通信が安定しない!どうしても速度の遅いWiMAXに切り替わることが多いです。

こんな感じで、2014年はガジェット関連にお金を使いましたが、2015年は果たしてどれぐらいガジェット関連にお金を費やすのでしょうか…

スポンサーリンク