ノマドをするなら銀座ルノアールが一番!ルノアールが最高なワケ

改めてノマドワーキングという一種の働き方について考えてみたところ、銀座ルノアールがあまりにもノマドに最強なため、個人的にスターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどを踏まえて、いろいろと思う点を書いてみました。

ノマドとは?

DSC 1414 2

ノマドとは一般的にノマドワーキング(Nomad Working)の略語。

そもそもノマドワーキングとは遊牧民のように様々な場所をさまよって、仕事に最適な場所があれば仕事をしているというスタイルのこと。ノマドワーカーは常にカフェの公衆無線LAN(オアシス)を探し求め、場合によってはモバイルWi-Fiルーター(水筒)を使用したり。

最近はクラウド化が進み、仕事は会社でするものという概念が壊れてきており、ノマドワーカーも増加の一方です。

マクドナルドやドトールはノマドに最適じゃない

東京都内や埼玉・神奈川・千葉や大阪府内の駅の近くには必ずあると言っても過言ではないマクドナルドとドトール。個人的にじっくりとしたノマドに向いてないのではないかと思います。

マクドナルドやドトールは、混雑時にはパソコンを使っているお客さんをお断りしていたり、公衆無線LAN環境をしっかり管理できていない店舗が大変多い。つまりお客さんの回転率を重視しているからこのようなことになってます。ちょっと書類の訂正などでパソコンを広げたいときに寄ってみたり、20分程度の休憩に使ったりするのは便利ですが。

専門的な話になりますが、マクドナルドに設置されているBBモバイルポイント(Wi2 300やワイヤレスゲートなどのプロバイダでも使用可)はアクセスポイントが一つしかない傾向にあります。そのため、一部の座席では電波が届かない or 繋がっても速度が遅くて使い物にならないことがしばしば。

またドトールでは、店舗によって携帯キャリアのWi-Fiスポット(公衆無線LAN)を置いたり置かなかったり。使いたいドトールでインターネット環境を簡単に確保できるのかというと微妙なのではないのでしょうか。

スタバは最高だが、コーヒー1杯で長くても2時間程度が限界

この記事はスタバでドリップコーヒーを飲みながら書いています。まさにノマドなワケなのですがスタバもしっくり来ない点もあり。

スタバには携帯3社のWi-Fiスポットが整備されています。Wi2 300というWi-Fiスポット専門のプロバイダにもしっかり対応していて、バックボーンは光回線を使用。インターネット環境は抜群と言っても過言ではないでしょう。リモートデスクトップやVPNも実用レベルで利用可能なので、作業も捗るのは間違いありません。

しかし、スタバで作業するのには個人的経験からすると、コーヒー1杯302円で2時間が限界。やはりスタバも自宅、職場につぐ “サードプレイス” と謳っていて店舗を開いている訳ですが、周りのお客さんへの配慮も必要です。作業をしていても周りの別のお客さんが気になってしまい、MacBook Airのドヤリングしながらのノマドワーキングも2時間が限界です。

裏ワザとしてドリップコーヒー限定でOne More Coffeeとして108円でコーヒーをおかわりし、延長して作業することができます。しかしながら、混雑状況によってはこの手を使っても「パソコンを使っていたり」「勉強をしている」お客さんは遠慮してくださいと追い出される可能性もあり。

心置きなく集中できる銀座ルノアール最高!

まずはルノアールブレンド(店舗により価格が違うが510円〜580円)を注文し、PCで作業。適度にコーヒーを飲みつつ、エンドレスで出てくるお茶も加えて飲みつつ作業。店員さんは長居するお客さんをあまり意識しないので快適。

ここ数年でマクドナルドやドトール、スタバ、ミスタードーナツやタリーズなど様々なチェーン店、池袋から新宿、新橋などの東京23区内、大阪市内の梅田や難波などでノマドワーキングを実施している経験からすると、銀座ルノアールはどの店舗でも心置きなく作業に集中することができ、まさにノマドワーカーにとって絶賛すべき環境なのではないのでしょうか

ルノアールのコーヒーの価格設定はスタバやタリーズなどのシアトル系コーヒー店と少しお高めなのですが、ノマドワーカーには嬉しいポイントであるコンセントの無料できる席があったり、店員さんに声をかければ延長ケーブルも提供してくれます。

ルノアールが個人的に優れていると思う点を挙げてみます。

  • 長居しても店員さんにジロジロされない これは社員教育で教わっているのかわかりませんが、銀座ルノアールは “喫茶室” としてオープンしているので、パソコン作業や休憩など何でもできる環境空間を提供しているのだと思います。
  • エンドレスでお茶が出てくる 作業の合間や最中に気分転換でお茶が飲めるのはGood。
  • コンセントも自由に利用可能 ほとんどのルノアールでコンセントを利用できるのが公式に謳われているため、PCのバッテリーも気にすることなく作業可能。
  • Wi-Fiも充実 BBモバイルポイントやWi2 300のアクセスポイントも充実。バックボーンも光回線なためVPNも安心して利用可能。

経験則から言うとルノアール最高ですね。関西圏に行くと銀座ルノアール的な喫茶店がないので、銀座ルノアールさんにはぜひとも関西圏の出店を(ry

スポンサーリンク