タクシー配車サービス「Uber」を使ってみた!快適過ぎる!!

タクシー配車サービスの「Uber」さんから、先日4000円分のバウチャーをいただいた(→タクシー配車アプリ「Uber」、初回4000円分のバウチャーを提供!)ので、秋葉原から築地まで移動するのにUberのサービスを使ってみました。

2014 01 29 15 32 19 3 2014 01 29 06 02 33 2014 01 29 06 02 44 2

Uberのアプリを起動し、迎えに来ていただく場所を設定。設定のポイントとしては、詳細な地図を表示してわかりやすいところを選択したほうが良いと思います。

「お迎えする場所を設定」の左側には、近くの車が来るまでの時間が表示されます。

2014 01 29 06 03 20 2 2014 01 29 06 03 34 2

目的地については、ピンの場所と書かれている段の+から設定

設定ができたら、利用するクレジットカードを確認し、必要な場合、概算料金も確認。「ここでピックアップを依頼する」をタップ。

2014 01 29 06 04 22 2 2014 01 29 06 08 42

アプリでは、来る予定の車の走行位置が表示されます。到着までの残り時間も表示されるので、時間に合わせてピックアップの場所まで向かいましょう。

この画面ではドライバーに直接連絡することができたり、人と料金を割り勘にする設定やピックアップ場所の到着時間についてドライバーに連絡することもできます。

2014 01 29 15 32 19 3

私を迎えに来た車はトヨタのエスティマ。普通のタクシーよりも大きい車両です。

運転手さんは非常に丁寧で、運転席からわざわざ降りてきていただき、名前を確認しドアを開けてくださいました。乗車後は「目的地はどこか」「希望のルートはあるか」と質問があり、目的地へ向かいました。

運転は非常に丁寧。エスティマということもあり、車内は広々としていて非常に落ち着きますね。

2014 01 29 06 46 22 3

走行中は走行位置をアプリから確認できます。

2014 01 29 06 51 19 2 2014 01 29 06 51 27

到着後は運転手さんにお金を支払うことがなく、アプリに請求金額が表示されます。料金は自動的にクレジットカードから請求されます。また、運転手さんについてコメントすることも可能。

2014 01 29 06 52 05 5 Screenshot 2014 01 31 10 52 07 2

メールで領収書が届きます。走行距離や走行ルート、走行時間が表示されていて、通常のタクシーの領収書とは全く異なります。

今回利用してみて

運転手さんの対応や車両など、通常のタクシーと異なるにも関わらず、料金帯が通常のタクシーと同程度で非常にサービスとしては満足です。Uberは日本だけでなく海外の多くの都市でも同様のサービスが提供されているため、タクシーでのトラブルが多い海外でUberは非常に重宝しそうです。

降車時にお金のやり取りがないのも大きなメリット。事前にクレジットカードを登録おけば自動的に請求がかかるので、料金のトラブルもなし。海外であれば、「ぼったくり」や「クレジットカードのスキミング」の心配もなく安心してUberでタクシーを利用できるでしょう。

しかし、サービスが始まってからまだ間もないため、東京都内を走っている車両は1日に5台程度。車両が少ないこともありピックアップの場所まで時間がかかる傾向にあるので、急いでいる場合は通常のタクシーを利用したほうが良いのかもしれません。

この記事をご覧になってUberを使ってみたいという方がいらっしゃると思いますが、初回登録で乗車料金4000円のバウチャーが無料で配布されています。私を紹介者という形で登録すれば自動的に4000円のクレジットがアカウントに登録されます。よろしければ、プロモーションコードに「kascf」の登録をよろしくお願い致します。

ダウンロードはGoogle PlayApp Storeから。

スポンサーリンク