プロブロガーに死刑宣告?付加価値はないアフィリエイト記事はNG

海外SEO情報ブログさんによると、Googleはユーザーにとって付加価値を与えていないアフィリエイトサイトには、ペナルティーを与えるとあらためて公式ブログで警告していると伝えています。

Googlenoaffiliatesites

Googleはこう警告しています。

「そのコンテンツのもともとの情報源ではなく、検索結果で訪れたユーザーにとって付加価値のある情報を提供できているか?できていないなら、Googleの求めるコンテンツの品質には達しない。」(意訳)

この文章から以下のサイトやブログ記事が個人的にアウトなのではないかと考えます。

  • プレスリリースの内容をコピーしていて、自分の見解を詳しく記述していないようなサイト
  • 「〜のまとめ」系サイト(リンク先について詳しく言及していない)
  • 「〜してきました」系ブログ記事
  • 内輪系のノリ記事

具体的な名前をあげると迷惑に値するので言及は避けますが、いわゆる「プロブロガー」と呼ばれる方々のブログ記事が上記に該当するのではないかと思います。確かにプロブロガーさんたちは素晴らしい記事を書いていますが、場合によっては検索エンジンで訪れたブログの読者を意識していなくて「◯◯ 使い方」とかでGoogle検索したユーザーにとっては不快になるような内輪系のノリの記事もあるのも確か。

個人的にも、「〜してきました」と近況報告系の記事もよく見ますが自分自身が「〜してきて」どう変わったのかなど、具体的で初見ユーザーにとってわかりやすい見解を書けていないのもNGだと思われます。

プロブロガーさんを敵に回すつもりはありませんが、現在のままだと内輪系のノリで終わってしまい、ブログで収益をあげることが困難な時が来ると思います。

注目すべきはこの方!

Moreaccessmorefun

ブロガーにとって苦しい冬がやってきそうですが、永江一石氏のブログの真似をすれば何とか乗り切れるのでしょうか。

永江氏のことを知らない方に説明致しますと、永江一石氏は(自称)マーケティング家。彼の書くブログ記事には自分自身の言いたいことが強く書かれていて、初見の人にもわかりやすい・役に立つ要素が多く含まれています。そのため、検索エンジンで検索をかけたときに多くの記事が上位に表示されていて、いわゆるSEO(検索エンジン最適化)をわかっている方だと思います。

個人的には永江氏はガジェット好きと発言していますが、彼の持つIT系知識が間違っていることもあり、はてなブックマークで大きく叩かれたりするため、ガジェット系の記事は「役に立たない」と思っています。しかし、マーケティングに関しては的確な視点を持っているのではないのでしょうか。しかし年上の方に対して「大人げない」というのは嫌ですが、永江氏は本当に大人げない方です(→自称コンサルの永江一石氏に申し上げる。あなたは本当にコンサルか?)。

永江氏のうまい点として

  • 興味を引くタイトルをつける点
  • 自分の意見を短めに濃縮して書く点
  • 多くの人を敵を回す点
  • 具体的な説明やエピソードが多い点

こんな感じでしょうか。永江氏の技術でパクれるところはパクって自分のものにしましょう。

例えば「銀座ルノワールがノマドに便利な理由」という記事を書くと考えます。「何時間いても嫌な顔をされない」「コンセントが使い放題」「Wi2 300とBBモバイルポイントのWi-Fiを利用可能」「エンドレスで緑茶が出てくる」などなどいろいろと出てきますが、Googleにとって付加価値があると思わせるためには、やはり自分なりのエピソードや説明を十分にする必要があると思います。

「コンセントが使い放題」な点に関しては、「マクドナルドやドトール、スタバにはコンセントがなくモバイラーの電源の緊急駆け込み先で便利」「コンセントの場所を尋ねると近い場所の席を案内してくれる」など、「何時間いても嫌な顔をされない」に関しては、「マクドナルドでパソコンを開くと追い出される」「ドトールだと回転率を重視するため店員さんから嫌な顔をされた」など、Googleの検索結果で上位表示を狙うためにはやはり具体的な体験談が必要だと考えます。

この点に関してはいわゆるブログ記事だけではなく、「◯◯のまとめ」系のアフィリエイトサイトにも言えることだと思います。Googleで上位表示されたいなら、どうすれば初見の人に自分の意見を説得できるのかを重視すれば自ずとSEOに繋がりそうです。

以上、極端な例を使って自分なりにまとめてみましたが、今回の再警告で、記事に記述はありませんが2chのまとめサイトやいわゆる「プロブロガー」系のサイトが危うくなるという記事でした。

スポンサーリンク