マルイのエポスカードの使い勝手が何気に良い!

先日、クレジットカードを持っていない友人がWiMAXを契約するのに、クレジットカードを急いで発行してもらわないといけないため、マルイのエポスカードカウンターに行ってきました。ちょうど、友人がカードを申し込むので、自分も「年会費無料なので申し込んでみようか」と思って申し込んで来ました。

何気に作ったエポスカードですが、意外に使い勝手がいいので利点を紹介します。

気軽にATMで使用分の返済ができる

メインカードは「三井住友VISAカード」なのですが、利用した料金は毎月指定日に口座から引落しされます。エポスカードは三井住友VISAと同様に口座引落しも可能なのですが、エポスカードを利用した金額は、さまざまな場所のATMで事前に返済することが可能です。臨時収入が入ったので早めに返済したい、もしくはカード使用枠を空けたい場合などに利用できます。

街中に設置されいるATMは硬貨の取扱いができないのが一般的なのですが、エポスカードのATMでは硬貨の取扱いが可能です。1円単位で気軽に返済できるので、便利。

バーチャルカードも便利

エポスカードでは、インターネット専用のバーチャルカードを発行できます。強いていうなら、Vプリカのクレジットカードバージョンといったところでしょうか。クレジットカードなので、VISAデビットカードと比較して月額課金制サービスの登録もできますし、インターネットでのクレジットカードの流出事故の際には、ある程度の被害を抑えることができます。

とりあえずエポスカードを少し使ってみたのですが、意外に他社とのサービスの差別化も図られていてすごい。マルイは女性向けのイメージも強いのは残念ですが、マルイ店頭のエポスカードカウンターで即日発行ができるのでこれは他社と比較して大きなアドバンテージなのかも。

今後はサブカードとして、バーチャルカードなどでエポスカードは活躍しそうです。

スポンサーリンク