LTE時代でも、地方は未だにドコモ一強な点について

先日、東北方面に3泊4日の家族旅行に行ってきました。朝ドラ「あまちゃん」の撮影場所となった岩手県久慈市の小袖海岸まで聖地巡礼と青森県鰺ヶ沢町にいる秋田犬「わさお」に会いに行ってきました。

Photo1

3泊4日の宿泊先は、久慈市内から「新山根温泉べっぴんの湯」、秋田県東成瀬村の栗駒山にある「栗駒山荘」、鰺ヶ沢町の「ホテルグランメール山海荘」。

新山根温泉べっぴんの湯では、久慈市街地から山道を15km程度行ったところにあり、ドコモの3Gの電波を確実に捉えることができました。残念ながら、ソフトバンクの3G回線は建物内をすべてカバーしておらず、客室内は圏外。

栗駒山荘では、栗駒山の山頂付近ともあり、ふもとの東成瀬村中心部から40分ぐらい山道をかけて登っていく場所にあります。そこに至るまでの道路では、ドコモの3Gの電波を捕捉する一方、ソフトバンクは完全に圏外。それに加え、ホテル内の客室を含め、ソフトバンクは圏外。しかしながら、ドコモは客室内でも安定して3G回線に接続できました。

ホテルグランメール山海荘は鰺ヶ沢町の中心部にあり、いわゆる地方の田舎町といったところにあります。ドコモが精一杯苦労してXiエリアの拡大をしている結果、鰺ヶ沢町中心部やグランメール山海荘の客室内ではLTEでの接続が可能でした。しかし、ソフトバンクは未だに3G回線でLTEには接続できず。持参したソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターの102HWでは、3G(1.5GHz帯)に接続でき、下り12Mbpsをスピードテストで出していたのですが、ある程度使った段階で規制がかかり使い物にならず。

3泊4日の宿泊でインターネット環境の確保でモバイルWi-Fiルーター「L-03E」をメインに使っていたのですが、やはりLTE時代でも地方は未だにドコモが一強なのではないのでしょうか。その他、車で移動中でもソフトバンクがずっと圏外にも関わらず、ドコモは安定して電波を拾っている部分もあるのでやはり。

ソフトバンクは「繋がりやすさ1番」と掲げてますが、人口が多い都市部をメインに基地局を設置し、過疎地域ではエリア展開に手を抜いてる模様ですね。現在、ドコモからiPhoneが出ると確定事項のように報道されてますが、地方でiPhoneを持ちたい人にとって、ドコモからiPhoneが出れば確実に売れるのではないのでしょうか。

ソフトバンクのiPhone 5を持っているけど、池袋や吉祥寺などの都市部では繋がり具合には支障を感じておらず、複雑な気持ち。

スポンサーリンク