もみほぐし60分2980円の「ほぐしの達人」池袋東口店に行ってみた

昨日、池袋で13時から用事があったのにも関わらず、11時には到着してしまいネットカフェで2時間寝ようかと迷っていたのですが、前々から気になっていた全身マッサージ60分2980円の店「ほぐしの達人」に行こうと思い、行ってみました。

Hogushi

結論から言うと、マッサージのみに特化していてコストパフォーマンス的には最高だと思いました。

普段はショッピングセンターなどに入居しているマッサージ店で30分3000円程度でマッサージを受けるのですが、30分だと普段つらい肩こりに対処する時間しかなく、その他の部位は全く施術される機会がほとんどないのです。しかしながら、60分で6000円程度となると、収入の少ない学生には金銭的にきついのが本音。

そもそも、学生がマッサージを受けること自体、批判されるべきだと思うのですが、普段から授業やパソコンなどで肩こりが進んでしまい、肩こりの状態で勉強はパソコンで作業をしていると作業効率が落ちてしまうもの…。マッサージを受けるとつらい部分が楽になり、作業効率が上がってむしろ時間の有効活用ができると思うんですよ。

それは置いておいて、「ほぐしの達人」は、有名なマッサージチェーン店「てもみん」などと比較して、店舗は地味な感じ。施術される部屋の仕切りがカーテンのみで、雑居ビルの一部屋に施術用のベッドがただ並んでいるだけです。また、マッサージ終了後のお茶サービスも一切なく、マッサージをすることだけに特化した形です。

肝心のマッサージですが、大手チェーン店と比較して半分の料金で「安かろう悪かろう」と思っていたのですが、案外うまかったです。50代の男性の方から施術を受けたのですが、肩こりがひどいと伝えるとそれに対応してくださって、肩こりがかなり楽になりました。その他の部位も、他の大手マッサージチェーン店で受けた経験などを踏まえても、価格以上にマッサージの技術があり、リラックスすることができました。

実は、マッサージ師には国家資格があるのですが、「ほぐしの達人」は国家資格を持っているマッサージ師がいるのかどうかは不明。なので、施術前に「発熱がないか」「施術は医療行為ではない」と注意事項が書かれているプリントを読む必要があるのですが、そこの確認が曖昧だったのかなと。大手チェーン店では誓約書を書かされるのに対して、プリントを読んで口頭で同意の旨を伝えるのみなので、何かあったときには面倒なことになるのではないかと思います。

しかし、無駄な経費を削減しつつ、マッサージに特化したサービスを提供する「ほぐしの達人」は個人的にもう一度行ってみたいと思いました。やはり、60分2980円の低価格は魅力的ですし、それに見合う技術のあるマッサージ師がいて、施術でつらい部分が楽になったり、体を全体的にリラックスされることができるのは良いのではないかと考えます。

スポンサーリンク