Nexus 7(2013)が8月28日に発売!LTEモデルは若干残念かも

Googleから新型Nexus 7が8月28日(Wi-Fiモデル)に発売されることが発表されました。Google Playでの販売価格は、Wi-Fi 16GBモデルが2万7800円、32GBモデルが3万3800円、LTE 32GBモデルが3万9800円。

Nexus72013

スペックは以下の通り。

搭載OS Android 4.3
ディスプレイ 7.02インチ、IPS液晶
Corningの耐擦傷性ガラス採用
解像度 1920×1200ドット
CPU Snapdragon S4 Pro(クアッドコアの1.5GHz駆動)
RAM 2GB
内蔵ストレージ 16GBまたは32GB
背面カメラ 約500万画素
前面カメラ 約120万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
対応バンド(LTEモデルのみ) LTE 700/750/850/1700/1900/2100MHz(バンド1/2/4/5/13/17)
3G(HSPA+)850/900/1900/2100MHz
GSM 850/900/1800/1900MHz
バッテリー駆動時間 約10時間
サイズ 114×200×8.65mm
重さ 290g(Wi-Fi)。299g(LTEモデル)
展開色 ブラック

スペック面と価格面を踏まえると、従来の基本的姿勢であった最新Android OSを搭載するレファレンス機(いわゆるAndroid OSを利用するメーカーやアプリ開発者向けのお手本)から、ライトユーザーやファミリー層などに対して本格的な普及を狙っている気がします。「日本ではNexus 7がかなり売れた」というGoogleの発言もあった通り、7インチのタブレットとして旧型Nexus 7は市場的に成功したと思いますが、今回は果たしてどうなのでしょうか。対抗するiPad miniの発売が待たれます。

LTEモデル的には、SIMロックフリーで、NTTドコモ・au・ソフトバンク・イー・モバイルのSIMに対応するとGoogleから発表がありますが。対応バンドを見ると日本で利用できるのはバンド1(2100MHz)のみなので、限られたエリアでしか利用できないことになります。バンド的には現状、イー・モバイルのLTEはバンド3を利用しているので、イー・モバイルSIMでは利用できないと思います。おまけに3GではドコモのFOMAプラスエリア未対応の上、auでは通信方式の違いからWINエリアは使用できません。できればハードウェア的に日本にローカライズしていただきたかったのですが残念です。

個人的に、今回のNexus 7はAmazon、イオン、ヨドバシカメラなどで入手することができ、Google Playからの直接購入以外でも入手が容易になると思われるのでグッドだと思います。前モデルのNexus 7では、Google Playにおいて注文が殺到し、システム障害で後から頼んだ人の分が先に届いたという経験をしたので、Amazonで買うことができるのは嬉しい。

スポンサーリンク