ソフトバンク「ダブルLTE」を使ってみたけれど、スムーズで不具合なし

ソフトバンクが3月21日に開始した「ダブルLTE」。ソフトバンクの2.1GHzのLTEもメインに使いつつも、混雑エリアで、サブでイー・アクセスの1.7GHzのLTEに自動的に接続してくれるサービスです。

WS0000612 500x279 Photo1

リアルタイムで孫社長が話している発表会をUstで見ていたのですが、ソフトバンクのiPhone 5を持っているなら、もののは試し。混雑エリアの渋谷で一度使ってみました。

2013 03 30 13 43 55 2013 03 30 13 44 39

iPhone 5がイー・アクセスのLTE(バンド3)に接続しているのかはフィールドテスト(*3001#12345#*)を呼び出して、「Service Cell Info」を選択。「Freq Band Indicator」が3になっていればイー・アクセスのLTEに接続されています。

上の画像では、イー・アクセスのLTEに繋がっているものの、キャリア表示は「ソフトバンク」になっています。

2013 03 30 14 59 38 2013 03 30 15 00 45

一方、こちらはソフトバンクの2.1GHz(バンド1)のLTE。

使ってみて

まだまだサービス開始ということもあって、不具合などがあるかと思っていたら、iPhone 5に特別な設定もすることもなくスムーズに、イー・アクセスのLTEに接続されていました。混雑エリア外では極力、イー・アクセスのLTEのを接続しないようになっているらしく、基本的にバンド1のソフトバンクLTEを使っています。

速度的には継続してスピードを測っていないのでわからないのですが、そこそこのスピードは出ました。

ソフトバンクとイー・アクセスのネットワークの統合で、イー・アクセスのLTEとソフトバンクのLTEで干渉してしまわないのかと心配していましたが、混雑時のみに自動的にイー・アクセス側に繋がる発想は、イー・アクセス側のモバイルWi-Fiルーターを使うユーザーにとっても非常に配慮されていますし、今まで抱いていたソフトバンク的なイメージも特になし。

スポンサーリンク