Softbank 4G対応ルーター「102HW」を契約してきました

auのパケット定額を切ってきて(→HTC JをドコモのモバイルWi-Fiルーターで完全Wi-Fi運用始めました)、浮いたお金で少しでも高速回線の種類を増やそうと思いまして、ソフトバンクの102HWを契約してきました。

102HWは、ソフトバンクのAXGPを採用したモバイルWi-Fiルーターで、設計最大速度は現時点で国内最大の下り(受信時)110Mbps。iPhoneが使うFDD-LTEとは違うものの、今後、世界で広がりつつあるであろうTD-LTEにAXGPは互換性があります。また、3Gでは、1.5GHz帯のULTRA SPEED対応。4Gエリア外でも、下り(受信時)最大42Mbpsの通信を楽しめます。しかし、通常のソフトバンクの使用する2.1GHz/900MHz(プラチナ電波)には非対応。

2535006056

実際に4G(AXGP接続)でスピードテストを行った結果、下り(受信時)21.9Mbpsも出してしまうトンデモない回線です。3G(ULTRA SPEED)接続時でも、ユーザーが少ないのか安定した数値を出しますし、回線オタクの私に取って、102HWは非常に使っていて面白いモバイルWi-Fiルーターです。

実は、ソフトバンクのモバイルWi-Fiルーターは、動画の規制など、ユーザーがわからないようなところでデータ通信を規制するという噂というかそういうことをよく耳にしていて、それを把握した上で契約したのですが、実際、契約日にスピードテストしたところ、4Gで自宅で下り14Mbps出たのに、次の日から同じ場所・同じ時間帯で4Gで下り2Mbpsと大幅にスピードダウン。ソフトバンクの考えていることはよくわからない…

また、地下鉄の駅構内では、ドコモ・au・ソフトバンクの電波が届くはずなのに、ソフトバンクは、通常の2.1GHz帯の電波しか出しておらず、地下鉄駅構内では、ULTRA SPEED対応機種は全く利用できません

かなり難ありなソフトバンクの102HW。全くオススメできない商品です。しばらく利用してみて、特性を把握してからまたお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク