日本通信が「使い物にならない」と出された公開質問状に回答しない件

ドコモMVNOの日本通信に、2013年1月11日に、とあるユーザーが日本通信の製品が全く”使いものにならない”と出した公開質問状(→ドコモMVNOの日本通信へ「使い物にならない」と公開質問状が出されました)ですが、1月28日現在、全く回答のない様子。18日までに回答期限があったものの、それを無視、24日に催促のメールを送ったものの無視。日本通信は公開質問状に全く答えるない様子です。

B mobileshitumon2

日本通信株式会社殿への公開質問状http://blog.rocaz.net/2013/01/1438.html

実は、日本通信は”クルーシステム”と言って、スペースシャトルに例えた独特の勤務体系を導入しています。スペースシャトルでは、それぞれが様々な業務を担当し、一つの仕事だけをしませんが、日本通信では、数時間ごとに、社員が担当する仕事を変更するとのこと(日本通信採用のHP・決算発表会の動画より)です。そのため、サポート部門には多くの社員が関わっているはずで、”使いものにならない”というクレームは三田聖二社長の耳には入っているはずです。少なからず、中小企業なので、すぐにアクションを起こすことも可能ですが、全く起こしていないのは非常に疑問。

これは、日本通信の製品(b-mobileシリーズなど)は全く使いものにならないという悪評が広まっても仕方がないですね。

スポンサーリンク