ドコモの小学4年〜中学1年向けジュニアスマートフォンがひどい

ドコモが先日発表した小学4年〜中学1年向けスマートフォンがひどい。

Sh05e

※ドコモHPより

スペック的には、4.1インチの540×960ディスプレイ、カメラが1210万画素、CPUがQualcommのMSM8960で1.5GHzのデュアルコアCPU、Xi対応。想定されるユーザー層には全く問題はないのですが、Wi-Fi非対応!!

なぜ、Wi-Fiに対応していないのかというと、ドコモ曰く、「SPモードでのフィルタリングを徹底させるため」とのこと。このスマートフォンには、専用の料金プランが設定されていて、500MBまで高速通信ができ、その後は128kbpsのUnlimitiedの通信で月額2980円。日本通信やらIIJmioなどのドコモの回線を借りてサービスを行う業者(MVNO)だと、1GBの高速通信=1980円が現在の相場なのですが、ある意味、SH-05Eは、Wi-Fiにデータトラフィックを逃すことができず、通信を行う際には、LTE/3G回線のみしか利用できないので、ぼったくりと言っても過言ではない価格

個人的にも、今まで、未成年において、キッズケータイと通常のスマートフォンの間のユーザー層に向けた商品がなくて、ある意味、SH-05Eは待望の商品でした。Google Play非対応で、入れたいアプリはドコモがすべて管理、SPモードでフィルタリングなど、本格的なスマートフォン・インターネットを利用する上で良い教材になるはずだったのですが、Wi-Fi非対応というのが非常に残念です。

ドコモ的には、第三者のフィルタリング業者の技術を利用して、SH-05Eのブラウザに強制的に適用させて、Wi-Fi接続においても、フィルタリングを適用させるなりできたと思うのですが、ただでさえ、ドコモの3G・LTEネットワークが混雑気味なのに、Wi-Fi非対応の商品を売ろうとする、ドコモの考え方がわかりません。

ちなみに、おさいふケータイ機能もついていて、モバイルSuicaなどは対応せず、iDやマクドナルドのクーポンアプリなどに対応。iDは、DCMX miniで中学生でもクレジットが使えるので、果たして良いのか悪いのか…

スポンサーリンク