docomo Wi-Fiは一契約で2アカウント使うことが可能

普段、BF-01Dを本家「Xiデータプラン フラット にねん」でmopera Uスタンダードプランをプロバイダーで契約して使っていますが、My docomoでSPモードを追加契約し、それぞれで、docomo Wi-FiのIDを発行してもらって使っています。実際に、データ契約1回線で2つのdocomo Wi-Fiのアカウントが利用できています

Docomowifi

ドコモには、ドコモが提供するプロバイダーを複数契約すると、1サービスにつき月額150円(税別)を割り引かれる制度(ISPセット割)があるのですが、それを利用し、mopera UとSPモードの料金をそれぞれ月額150円ずつ割引をしてもらいます。そうすると、実質、mopera Uを契約していて、その上に、SPモードの契約では、SPモードの料金が割り引かれていることとなります。

151(他社携帯から0120-800-000)に確認して、それぞれのプロバイダーで、docomo Wi-Fiのアカウントを発行すると、Wi-Fiオプションが無料となるキャンペーンがいずれも適用されるか確認したところ、「適用される」という回答をいただいて、実際に、契約してMy docomoで請求書を確認してみると、確かにmopera UとSPモードで、それぞれWi-Fiオプションがついていて、docomo Wi-Fiが永年無料で使えるキャンペーンがそれぞれに適用されてました。

よって、docomo Wi-Fiは複数プロバイダー契約で、それぞれWi-Fiオプションの無料キャンペーンが適用できるので、1回線契約でdocomo Wi-Fiのアカウントを2つ利用可能。mopera Uメインのときは、実質無料で2アカウント利用可能。

個人的に、docomo Wi-Fiの2つのアカウントは、BF-01Dのdocomo Wi-Fi自動ログイン機能に利用し、もう1つのアカウントは、メインスマホのauのGalaxy S2 WiMAXをBF-01Dがなくてもdocomo Wi-Fiに接続できるように利用しています。docomo Wi-Fiは私鉄の駅に積極的に置かれているので、駅での待ち時間に便利。

ドコモスマホユーザー的に

ここまで、mopera Uをメインに使っていた例ですが、ドコモのスマートフォンメインのSPモードを例に取って、mopera U スタンダードプランを追加契約して考えると、ISPセット割がそれぞれ適用されるので、SPモード月額150円+mopera Uスタンダードプラン月額350円=合計500円となり、実質、200円増しになりますが、docomo Wi-Fiのアカウントをもう1つ使えます。

ドコモのスマートフォンユーザーは200円増しで、実質的に、自分のスマホと、PCやタブレット(特にiPad)でdocomo Wi-FIを同時に利用できることになりますが、auのスマートフォン(iPhone含む)では、au Wi-Fi SPOTを自分のスマホ専用アカウントと、その他PCやタブレットで利用できるアカウントが無料で簡単に利用できます。

※mopera U ライトプランは、残念ながら、Xiの料金体系では使えません(2012年11月現在)。

スポンサーリンク