3DS本体と「とびだせ とうぶつの森」を勢いで買ってしまった

Twitterを見てると、どうぶつの森の新作の「とびだせ どうぶつの森」がHOTなようで… どうぶつの森といえば、「どうぶつの森+」の頃から好きなシリーズで、小学生の頃はものすごくやり込んでいたゲームの一つです。Wii版はスキップしていたのですが、いろんなメディアを見ていたら、任天堂がかなり本気を出してきて、ガチでおもしろそうですし、懐かしさからつい。

昨日、たまたま寄ったヨドバシアキバのゲーム売り場で、ニンテンドー3DS本体とどうぶつの森の新作の購買意欲が急に湧いてきました。ヨドバシカメラ自体では、パッケージ版のどうぶつの森が売り切れで、だけれども、本体だけは買ってしまおうと思って、ヨドバシに近いじゃんぱら秋葉原4号店に行ったら、新品未使用の3DSがあったので、13000円で、即購入!保証書を見せてもらったら、「2012年10月 ヨドバシカメラ上野」のハンコがあったので、安心して買えました。

ソフトのほうは、定価でニンテンドーeショップで購入可能でした。パッケージ版と、店頭で並んでいるダウンロードカード(シリアル番号を割り振っているので限定)は売り切れで、どうやって、ソフトを手に入れようと思ったら、SDカードが3DSに挿入されている状態でしたら、3DS本体から、直接、クレジットカード(VISA、Master、JCB)から購入可能でした。この辺りは、任天堂側の周知ミスというか、非常にわかりにくいところです。

早速、昨日の時点で、自宅のWi-Fiを利用し、ニンテンドーeショップにて、「とびだせ どうぶつの森」を購入したのですが、どうぶつの森のソフト自体のファイルサイズが大きいらしく、ダウンロードが重い。3DSをスリープ状態にして、常にWi-Fiに繋いだ状態にしていれば、自動的にダウンロードできるらしく、一晩じっくりかけてダウンロードしました。

ようやく、今日になってプレイしてみたのですが、サウンドも凝っていて、プレイヤーが「村長」としてプレイできるのも、新要素として刺激的。かれこれ10年越しなので、とびだせ どうぶつの森を1年かけてゆっくりプレイしていきたいなと考えています。

さて、外出のお供に、Nexus 7 or MacBook Air とニンテンドー3DS。カバンが大変なことになりそうです。

スポンサーリンク