iPad mini発売日最速レビュー:軽くて薄いが、がっつり使うのには残念

家族のお使いで、アップルストア銀座で発売日に手に入れたiPad mini。実機を初めて触ったのですが、思っていた以上に軽く、薄いです。だけれども、低スペックのせいか、iOS6が快適に動くとは言い難く、アクティベーション後に少しいじってみたら、フリーズということもありました。

DSC00107

早速開けてみる

DSC00116

いつもと同じような感じです。iPad miniはLightingコネクタに対応しているので、それに対応したUSBケーブルが付属していました。

DSC00121

Nexus7と並べてみました。Nexus7は340g、iPad miniは308g。iPad miniの画面が大きい分、非常に軽く感じられました。

DSC00122

上はNexus7、下はiPad mini。気持ち、iPad miniのほうが薄いです。

使用感について

あくまでも主観なんですが、iPad第3世代を見て、iPad miniを見ると画面があまり綺麗には見えません。iPad2の解像度をそのまま小さくしても、やはり、Retinaでない以上、仕方がありません。

動作ですが、iPad2と同じA5プロセッサーを利用して、OSはiOS6。新製品でアクティベーションをしてすぐなのに、「設定」アプリで突然動かなくなりました。同時発売されたiPad 第4世代は、A6Xプロセッサーを使用していて、スペック的に、薄さと軽さを追求した分、iPad miniでは妥協点が多すぎます。思っていた通り、10インチiPadにおいて、10インチiPadでしか動かないソフトが出てきそうです。これが、iOS7となったら、iPad miniで切り捨てられる機能があっても仕方がないのでは?

しかし、Safariでブラウジングしても、iPad2並みのスペックでも十分ですし、あくまでもブラウジング、メールなどに限定されたiPadではないかと思います。がっつりゲームをする場合は、スペック不足でできなさそうですし、iPad miniの薄さと軽さから、アップル的には、外出先で気軽にインターネットを楽しむ端末として売りださなければならないと思います。アップルのiPad miniの宣伝文句「ミニなのは、サイズだけ」は言い過ぎです。

個人的に、あまり期待はしていなかったのですが、指が吸い付くような操作感はiPad miniでも健在ですし、価格が多少高くとも、操作がわかりやすいので、パソコンにあまり触れる機会があまりないライトユーザーにはオススメしたいと思っています。いや、Nexus7は安いけれど、操作が難しすぎる…

発売日の前日の20時半から並んでいたので、ちょっと寝ます。アップルストア銀座でiPad miniの並んだ際のレポは後ほど。

スポンサーリンク