個人的に食指が動かないKindleや楽天koboなどの電子書籍端末

電子書籍の存在は否定しませんが、個人的にKindleや楽天kobo、ソニーのReaderなどの電子書籍を読むだけの端末には食指が動きません。

10年経っても本は読める?

紙の本だと本棚に置いておけばいつでも読めるのは当たり前ですが、例えば、ソニーのReaderで購入した電子書籍が10年後、同じような電子書籍端末で読めるかというと、Reader自体の市場からの撤退、もしくは、誤ってデータを消してしまったり、購入した本がReaderの取り扱いから外れて、再ダウンロードが不可能になるなど、長期的に考えると、同じ本がいつ読めなくなるのかわからない不安があります。

値段は安いのは良いが、あくまでもデータ

AmazonでKindle向けに販売されている本は、非常に良心的な価格だと思います。しかし、読み終わった後、紙の本だと、ブックオフなどの古本屋に売るということができますが、電子書籍では、あくまでもデータとして販売されているので、第三者への貸し出しや譲渡も難しく、購入して読み飽きても手元でデータとして残るだけです。

全体的に見渡せない

紙の本だと、本をパラパラとめくり、全体的にどのようなことが書かれているのか軽く把握できますが、電子書籍だと、そのようなことは非常に困難。

電子書籍には紙の本のメリットを意識して欲しい

電子書籍には、紙の本のメリットを少なくとも意識していただきたいです。個人的に、Kindleやkoboなどの電子書籍端末一つを持ち運べば、好きに何冊も本を持ち運べるのは素晴らしいと思いますし、インターネットで購入ボタンを押せば、すぐに読める点、紙の本と比べ、印刷コストがかからないので安価な点は、電子書籍しかできない芸当です。

ただ、Kindleや楽天koboなどを見ていると、電子書籍はただのデータで、本として扱われていないような印象を受けました。紙の本のような全体的に見渡せない点は仕方ないにしても、本文中の全文検索は電子書籍でしかできません。だけれども、現状の電子書籍ストアは、通常の紙の本から文字を抜き取ったデータを配信しているだけに過ぎません。

まだまだブックオフにはお世話になります

電子書籍の中古データの販売、というのはあり得ないので、現状では、1冊100円程度で本を買えるブックオフなどは非常に有益。コ◯キだと思う方もいらっしゃるかと思いますが、例えば、同じ金額で本を買えるだけ買ったら、ブックオフとAmazonのKindleで、得られる情報量が格段に違うはずです。

ブックオフなどの古本屋と新品の本を販売する書店の間の問題は置いておいても、仮にKindleなどの電子書籍端末が普及しても、急激に、本を買う際には、電子書籍を買うという流れにはならないはずです。

最終的に

現時点では、電子書籍は発展途上の段階です。理想としては、なるべく紙の本ライクに扱えるようにし、長期的に電子書籍を読めるという保証が必要です。電子書籍と紙の本では、明らかに差別化できますが、紙の本だけのメリットもあるので、共存するはずです。まだまだ、電子書籍端末がどのように進化していくのか、という点で電子書籍にはまだまだポテンシャルがあります

しかし、個人的には、まだ電子書籍を積極的に利用すべき段階ではないと考えています。

スポンサーリンク