MacBook Air(mid 2011)が突然電源が入らなくなって修理していただきました

パソコンなどが突然、電源が入らなくなるということは無縁だと思っていたんですが、そう思っていたら、まさか突然電源が入らなくなりました。

2012 10 29 20 23 33

現在のメインPCのMacBook Air(mid 2011)の11インチ最小構成モデルが、先日、突然電源が入らなくなりました。電源コードを繋いで、電源ボタンを押しても入らないし、画面が真っ暗。普段これがないと非常に困るので、急いでアップルストア銀座に持ち込んで、ジーニアスバーでMacBook Airを診ていただきました。

ジーニアスバーで一杯

ジーニアスバーで、MBAが起動しない旨を伝えて、担当の方が、バックヤードで裏の蓋を開けて軽く見てもらいましたが、バッテリーに異常はなく、「電源ボタンが壊れているか」「ロジックボードが完全に故障しているのか」ということで、速攻、センター預かり修理へ。修理期間はだいたい3日〜5日とのこと。

iPhoneやiPadの故障だと、基本的に中を簡単に開けることができないので、どこか不調があると、整備品と交換という流れになるのですが、流石に、Macも同様のことは期待できず。

預かり修理受付の際には、修理完了後の返送先の住所・名前をアップルストアのお兄さんに渡して終了です。

3日で自宅にMacBook Airが到着

金曜日にアップルストア銀座にMacBook Airの修理を受け付けてもらって、土曜日にセンター修理、日曜日に、ヤマトのパソコン宅急便で自宅に到着しました。土日を挟んでいたので、多少は時間がかかるかと思っていたのですが、MacBook Airが使えない期間が極力短くなって、非常に感謝。

やはり、ロジックボードが原因だった

アップルストアのお兄さんの言う通り、ロジックボードの故障のようでした。以前から、MagSafeに電源を繋いでも、充電がされないことが多くあったので、ロジックボードの一部の調子が悪かったのかもしれません。

システムの不具合云々ともありますが、修理以前に何か自覚症状はありません。

クラウドで簡単にほぼ元通りに

Mac OSの再インストールがされたので、完全にMacBook Airは購入状態に。メールはGmail、重要なファイルはUSBメモリー、その他のファイルはDropboxやGoogleドライブ、Evernoteなど保存してあったので、MacBook Airには、Wi-Fiの設定や普段使うアプリケーションをインストールして、ほぼ元通りの状態になりました。

今回は、修理に多少時間がかかりましたが、普段からTime Machineなどでバックアップを取って不測の事態に備えなければ、と再認識させられました。電源が全く入らないときの焦りほど嫌なものはなかった…

スポンサーリンク