ドコモの端末はイオンSIM運用などでもドコモショップでサービスあり

IIJmioのSIMを入れた手持ちのGalaxy Nexusがバッテリーをフル充電して、電源をオフにして長期間放置していたのにも関わらず、電源が入らない。以前も、バッテリーが十分ある状態で電源を落としたのにも関わらず、電源が入らず、ACアダプターと接続して充電をして電源を入れてみたら「バッテリーが0%表示」。とりあえず、ドコモと直接契約している訳はないけれど、ダメ元で、ドコモショップに持っていて、どこかが壊れているのか見てもらうことにしました。

自分「(IIJの)イオンSIMを入れて使っていて、ドコモと直接の契約がないんだけれども、バッテリーが(略)ですが見ていただけますか?」

ドコモショップのお兄さん「いや、イオンSIM入れてても、ドコモから発売されている端末のサポートはドコモがしますよ。たとえ、イオンSIM入れれても、ドコモが売ったものですし(キリッ」

実は、個人的に、ドコモから販売されている端末に、日本通信やIIJmioのドコモの回線を借り受けて通信事業を行なっている業者(MVNO)のSIMを入れるのは、基本的に動作保証外というか、端末が壊れたら自己責任でノーサポートだと思っていました。

さすが、お殿様のドコモ様。ドコモとして販売している端末の故障などのアフターサポートは、ドコモ自体と契約がなくても可能とのこと!

確かに、携帯端末にはそれぞれ、IMEIの番号が割り振られていて、売った側のドコモがIMEIをチェックすれば、いつ販売されたものかとわかりますし、ドコモ的には、不正に入手されていなければ問題がないようです。そういえば、SIMロック解除も契約がなくてもできたし。

Galaxy Nexusを簡単な故障のチェッカーで診てもらいましたが異常はなし。肝心のバッテリーも新品同様で全く問題がないとのこと。もう一度、充電して症状が再現したら、最寄りのドコモショップに持って行って修理に出してみようと思います。

蛇足ですが、root取った端末は、端末の改造に値するので、そもそも、ドコモの保証の対象外です。

スポンサーリンク