Galaxy S2 WiMAXをAndroid4.0(ICS)にアップデートしたがGPSに不具合

iPhone5の発表と同日の9月13日に、Android4.0(ICS)へのアップデートが開始されたGalaxy S2 WiMAX(ISW11SC)。発売の2012年1月20日から約8ヶ月。アップデート開始日にICSにアップデートしました。

全体として、GPSを除いて、あと1年弱は使えそうな印象になりました。

問題のGPS機能の不具合が発生

現在(9月23日)、ICSへのアップデートでGPS機能の機能が使えなくなるということで、Android2.3からのアップデートファイルの提供が中止されていますが、私が持っている個体でもGPSに関するトラブルが発生。

具体的には、いつまで経ってもGPSで場所を把握しません。Googleマップだと、Wi-FiをONにしていれば、周囲のWi-Fiから場所を割り出せるので、それを使えば困らないこともないのですが、やはりGPSが機能しないと不便。

モバイルデータ通信量の確認機能が便利

Screenshot 2012 09 22 21 19 54

Android4.0での標準機能が使えるように。モバイルデータ通信量の確認が意外に便利ですが、現状、+WiMAXでは通信制限が設けられていないので、3G接続のみのカウントは純正アプリでは不可能な模様。

不要なアプリは無効化ですっきり

不要なアプリを無効化にするには、「設定」→「アプリケーション」から、無効にしたいアプリを選択して、「無効」をタップ。気持ちいいことに、使わないGREEアプリなどを、形として消すことができるようになりました。これも便利。

キャリアの表示がおかしい

Screenshot 2012 09 22 21 16 31 2

気になるほどではないのですが、キャリアの表示がおかしい。

全体的に

体感的に、サクサクになった気がします。一応、デュアルコアCPU搭載なので、ようやくICSアプデで、デュアルコアが活かされたのかなと思います。WiMAXを使わなければ、そこそこバッテリーも持つようになりましたし、普段3Gのみで使っていて、発熱もあまりなくなった気がします。

個人的に大きいのは、Chromeもインストールできるようになったこと。PCのChromeとブックマークを共有できますし、利便性が上がりました。

とりあえず、ICSにアプデで、Google Playからインストールできるアプリも増えましたし、あと1年は戦えそう。iPhone5も気になりますが、隣の芝生は青いということで、自分自身納得させます。

スポンサーリンク