成田空港のWi-Fi状況を調べてみた

先日、成田空港に行く機会がありましたので、成田空港のWi-Fi状況を調べてみました。

docomo Wifiが結構使える

成田空港では、従来は空港管理のSSIDで、各社のIDを入力してインターネット接続ができましたが、2012年4月から、NTT-BPの運用委託に切り替わったことで、docomo Wifi、BBモバイルポイント、空港の無料Wi-Fi(NTT-BP管理)、2012年8月からはソフトバンクWi-FiスポットのSSIDがそれぞれ出力されています。

空港内では、各社のSSIDが均一に出力されているかと思いきや、BBモバイルポイントのSSIDを拾えなかったり、逆にdocomo WifiのSSIDを拾えなかったり、成田空港内では、使いたい場所では、使いたい事業者のWi-Fiを拾えなかったりします

個人的に、BBモバイルポイント(Wi2 300契約ID)、docomo Wifi(mopera Uのプラン)、空港の無料Wi-Fiを使ってみましたが、SSID的にはdocomo Wifiのシグナルが拾えました。スマートフォンだと、ドコモ純正の自動ログインアプリを使えば、簡単に接続できるので、空港では一番利用できるWi-Fiサービスではないでしょうか。

公衆無線LANサービス別速度比較

Narita free1 Narita free2

成田空港無料Wi-Fi(NTT-BP管理)

Narita docomo1 Narita docomo2

docomo Wifi

Narita mobilepoint1 Narita mobilepoint2

BBモバイルポイント(Wi2 300のIDを利用)

Narita xi1 Narita xi2

ドコモ LTE (Xi)

各社の速度を測ってみましたが、いずれも普通に使う分には問題のないレベル。これぐらい出ていれば、Skypeとかもスムーズに使えると思います。

空港Wi-Fi環境も実用レベルに

空港Wi-Fiも、事前にログイン設定とかをしている事業者の場合、スムーズに利用できます。従来の空港管理のSSID(暗号化なし)にアクセスして、各事業者ごとにログインIDを入れて、やっと接続できるようになるのと比べて大幅に接続時間が短縮!非常に便利になったと思います。

スポンサーリンク