PS Vitaの3Gは必要なのか?外でプレイするならあったほうがいいかもしれない

PS VitaのWi-FiモデルとWi-Fi+3Gモデルの中古品の値段がだいたい同じだったので、「大は小を兼ねる」ということで買った3Gモデル。ペルソナ4 ザ・ゴールデンを発売日の翌日から、毎日時間を見つけてはプレイしていて思ったのは3Gモデルはなかなか使える

ゲームにもよりますが、外出先でちょこちょことネットワークを使うゲームをするのには便利。Vitaのサイズは、携帯性は抜群。そのため、電車の中で少し、オンラインプレイをしたいときに、安定のドコモFOMA網で接続できるので、外でゲームしたい方には非常に良い感じ。実際に、オンラインプレイをしたいときにすぐできるのは気持ちいい。

iPadの3Gモデルと違って、携帯電話会社との契約を強要されるわけでもなく、Vitaは量販店で3Gモデルを普通に買えるので、入手のしやすさとしてはいいでしょう。しかし、ドコモ本家のプリペイドプランは時間で課金されるので、いつインターネット接続されるかわからないVitaで使うのはあまりお勧めできません。モバイルWi-Fiルーターで3Gを使わないようにしていても、いつの間にかWi-Fi接続が切れて3G接続になったということもしょっちゅうあるので。使いたいときに、時間制限はないが、代わりに速度制限をされ安価にドコモ網を利用できるドコモMVNOの日本通信のイオンSIM、IIJmioのミニマムスタートプランを契約するのがお勧めです。

自宅でじっくりプレイしたい方には、Wi-Fiモデルで。

実際、3GモデルのVitaを使っていて思うのが、インターネット接続を前提に設計されている点。Twitterクライアントだとか、地図アプリがあったり、まるでスマートフォンみたいなのですが、これから発売されるソフトも、インターネット接続が前提になってきそう。良いのか悪いのかわかりませんが。

スポンサーリンク