IIJmioファミリーシェア1GBプランを2週間使ってみてレビュー

快適なバックボーンを持つIIJが個人向けに提供するドコモLTE網を利用したIIJmio高速モバイル/D。今月始めに、ファミリーシェア1GBプランの利用が始まって、20日ぐらい経ちました。

外出先などでは、Wi-Fi環境にいることが多いのですが、たまに、Wi-Fiがないところでインターネットを使いたいときがしばしば。時間的には、大して使わないのですが、わざわざ2年縛りのモバイルWi-Fiルーターを契約するのももったいないと思ってまして。一応、Galaxy S2 WiMAXでWiMAXテザリングもできるのですが、5月22日のアップデートで発熱しやすくなって、その上、バッテリーの減りも早く、あまり使いたくなかったので、IIJmioの申し込みをしてみました。

通信速度

 

最も混雑されるとされる平日昼休みの時間帯にスピードテストをしてみたところ、平均してLTE接続時に下り2Mbpsの速度が出ていました。LTEでのping値が若干高いのも気になりますが、体感的には3G接続時とは違って、通信する際にサクサク感を体感できるので問題ない範囲でしょうか。

 

平日午後の計測結果。LTE接続時に、平均して下り2〜3Mbpsの速度が出ていることが確認できました。この程度スピードとping値が出ていれば、モバイルデータ通信としてはそこそこ使えるのではないかと思います。

一契約でSIM3枚を同時利用できるのは便利

ファミリーシェア1GBプランでは、ミニマムプランと違い一契約で最大SIM3枚まで利用が可能。という訳で、標準SIMを2枚、microSIMを1枚で頼んで使っています。

これが便利だと思ったのが、Vitaの3Gモデルで使っているとき。

先日発売されたペルソナ4 ザ・ゴールデンをプレイしている際に、どうしてもネットワーク接続が必要なときが出てくることが多い。ソフト側もWi-Fi環境でじっくりプレイしてくれることを念頭に置いてるのか、常時ネットワーク接続を前提にしてソフトウェアが設計されている感じです、もちろん、オフラインモードでもプレイできますが、ゲームを進める上で不利になりがち。

Vita向けのドコモ本家のプリペイドSIMもありますが、時間制限などあって非常に使いづらい。いつインターネットに繋がるかわからないソフトを使っているときに、勝手に利用できる通信時間を消費されるのは笑えない。実際、ペルソナ4 ザ・ゴールデンもオンラインモードにしていて、どれぐらい通信しているのかわかりませんし。

個人的に、VitaとIIJmioのファミリーシェアのSIMはなかなか相性がいいと思います。Vitaからインターネット接続はそこまで使わないけども、インターネットに接続したいのに、モバイルWi-Fiルーターを起動させるのは面倒くさい。かと言って、Vita単独で毎月980円程度の通信料も払いたくない。 他のスマートフォンやモバイルWi-Fiルーターの料金をなるべくまとめたい方には最適じゃないのでしょうか。

全体的に

長期的に見れば、microSIMと標準SIMの交換ができない点などいろいろとありますが、Wi-Fi環境がないときの補完や、サブスマホ挿入用には、非常にコストパフォーマンスが高いんじゃないかと思います。

スポンサーリンク