利用に堪えなくなったPogoplugの利用をやめて、Googleドライブなどの利用に移行

今年の2月の末に購入した自宅にHDDなどを設置するだけでパーソナルクラウドを持てるアダプターPogoplug Mobile。利用を始めた時期は、アクセス速度も不満もなく、非常に便利だったのが、ここ2ヶ月の間のPogoplugのクライアントソフトウェアの頻繁なアップデートによる仕様変更、Pogoplugの独自サーバを通す仕様などがボトルネックになって、全くファイルが読み込めなくなることが多くあって、Pogoplugの利用をやめました。

自宅内のネットワークで、外部のPogoplugのサーバを通さないはずなのに、極端にファイルアクセスの速度が遅くなって、外部ネットワークのDropboxやGoogleドライブのファイルアクセスが早いほど。

確かに、自宅にハードディスクを増設すればいくらでも容量を増やせるオンラインストレージの発想は個人的にも、共感できる部分がありましたが、いくらなんでもファイルの転送速度が遅くて、クライアントソフトからのレスポンスも自宅内ネットワークのみで完結するのに、反応が本当に遅いのは、毎日利用するのには困る。

頻繁なアップデートで、ソフトウェア自体も安定性がなくなって利用をやめました。

大容量オンラインストレージのPogoplugの代替として、動画ファイルは30GB無料で利用できるNドライブ、利用頻度が高いファイルは5GB無料で利用できるGoogleドライブを利用することにしました。

Nドライブは無料で30GBを利用できるがそこそこ利用出来る感じ。動画ファイルのストリーミングも遅延なくできますし、GoogleドライブもAndroidのクライアントソフトが個人的に使いやすいので問題なし。

スポンサーリンク