ソフトバンクのWi-Fiスポットの乱立で他社スマホユーザーからも迷惑な点について

ソフトバンクのWi-Fiスポットが、最近、異常なペースで増殖をしていて、池袋や新宿といった繁華街では、必ずと言っていいほど、「FON」(ソフトバンクユーザーしか使えない偽FON)と「0001softbank」のソフトバンクのWi-FiスポットのSSIDを拾います。私自身、ソフトバンクのiPhone4で、ある程度のWi-Fiスポットがある頃は、VPNを張って使っていましたが、そこそこ便利でした。

しかし、数が異常に増えすぎた結果、一定の出力であれば自由に無線を飛ばすことができるISMバンドの2.4Ghz帯で利用できるWi-Fiのチャンネルを、ソフトバンクのWi-Fiスポットが食いつぶして、他の家庭用の無線LANや、他社Wi-Fiスポット、モバイルWi-Fiルーターに干渉してしまう問題が深刻です。

新宿西口のドトールで、Wi-Fiテザリングをしようとすると、多くの無線LANが立ち上がっているせいか、速度が低下してしまう現象が何度もあります。そういえば、ソフトバンクのお父さんのステッカーやau Wi-Fi SPOTのステッカーが入り口に貼ってあったり、周りを見渡すと、イー・モバイルのGP02や、ドコモのL-09Cがあったり。

2.4Ghz帯の無線LANはもう飽和状態と言っても過言ではないでしょう。

そこに、ソフトバンクのWi-Fiスポットが、干渉など考えずに、どんどん至るところに設置をしていき、ただでさえも、スマートフォンの普及などで数が増えている、モバイルWi-Fiルーターや家庭用無線LAN、FTTHがバックホールの他社Wi-Fiに干渉していくのですから、無線にゃんさんの「ソフトバンクがやっていることは、2.4Ghz帯におけるテロリズムです。宣伝のためのAP数稼ぎと引き換えに他人を巻き込んだ環境汚染を進めているんです。」(拝啓ソフトバンク様今すぐ無用なWiFiAP設置を止め密集AP間引きをしてください敬具 より)というのも間違いではありません。ソフトバンクは、Wi-Fiの世界において、ジャイアニズム丸出しです。

まず、ソフトバンクに言いたいのは、人が集まってそれなりに利用が見込めそうな場所、滞在時間が長く、トラフィックが集中しやすい場所だけに設置して欲しいです。それ以外は、さっさと間引いてください。auユーザーとして、スマホでWi-Fiテザリングをしようとすると、誰も使っていないような、ソフトバンクWi-Fiスポットと干渉したりして、すごく迷惑です。あと、セキュリティは最低限でもかけてください。バックホールは、3G回線のDC-HSDPAとかじゃなくて、固定回線とかに変えてください。数が多いけれど、繋がっても速度が遅い、他社ユーザーに迷惑をかけるWi-Fiスポットはいりません。

ソフトバンクだけではなく、au Wi-Fi SPOTに関しても言いたいことがあるのですが、トラフィックが集中しやすい場所を意識して、Wi-Fiスポットの設置をお願いしたいです。できる限り、建物内で完結して、外部にはなるべく電波が漏れ出さないような設置をお願いしたいです。

本当は、ドコモ・au・ソフトバンクが、Wi-Fiスポットの業界団体みたいなのを設立して、各社で分散しているWi-Fiスポットを、できる限り集約したり、海外からの旅行者のWi-Fiスポット利用の受け入れやローミングを積極的に行なっていくのが理想的だとは思うのですが、某社長が納得行きませんよね。これだと。

スポンサーリンク