auのスマートパスポート構想やauスマートパスなどから思うKDDIの本気

2012年1月16日、auの春モデル発表会にて、KDDIの田中社長がauスマートパスポート構想というものを掲げました。これは、「オープンで制約のない世界へのパスポート」として、毎月390円で自由にアプリをダウンロードできる「auスマートパス」、自宅の固定回線をauにすると、携帯電話の料金が一定額割り引かれる「auスマートバリュー」、au加入者が利用できる「au ID」から構成されているそうです。

しばらく、様子見をしてたのですが、これがすごい。ドコモのXiの一定額での自社網無料通話のときのインパクトよりすごい。(ドコモの自社網一定無料通話はVoIPが普及するにつれて、メリットが薄まると思いますが)

auスマートバリューがすごい

各メディアが、NTT法関連でドコモではできない割引で、お得だと報じた「auスマートバリュー」。自宅にKDDIの固定回線または、提携会社の固定回線を引くと、携帯電話料金から、毎月一定額の引かれる画期的なプラン。スマートフォンシフトが強まっていく中、自宅でのトラフィックを、固定回線に流すことを目的にしたプランですが、auスマートバリュー申し込み開始後、多くの方が、auスマートバリュー目当てで他社からMNPしたとよく聞きます。

個人的には、トラフィックオフロードには有効で、ある意味、やり過ぎなのではないかと思うほどです。今まで、フレッツのインパクトに負けていたauの固定回線の販促には継続的な売上げが期待できるのではないでしょうか。

auスマートパスが諸問題あるが、すごい

auスマートパスは、毎月390円の料金を支払うことで、一定のアプリをダウンロードし放題のサービスです。大したアプリがないのかと思っていたら、「ATOK」などの有料アプリが多く揃っていて、品揃え豊富です。

春モデル発表会の際に、アプリ開発者への利益分配に関して「利用者の動向を踏まえて、利益配分する」とKDDI側からありましたが、auスマートパスサービスが開始され、確かに、auスマートパスの規約には、「利用者の通信内容や利用頻度などを把握する」(要旨・2012年3月6日現在)とあります。auスマートパスを利用する際には、KDDI側がアプリの利用頻度などを把握して、アプリ開発者に利益分配するということは忘れないでおきたいです。そのためか、auスマートパスを解約すると、アプリが使えなくなることも気をつけておきたいです。

auスマートパスでは、Android版ウイルスバスターや、10GBのクラウドストレージ、クーポンなども取得できて、個人的にも、KDDI側にいろいろ把握される点を除いても、毎月390円でATOKなどの有料アプリが使い放題であれば損はしないのかなと思います。

インターネットに自由にアクセスできるスマートフォンは、初めて使うと、右も左もわからないなか、慣れるのには時間がかかります。しかし、通信キャリアが積極的に「水先案内人」として、ライトユーザーのオープンな世界への案内をするのは、評価に値するのではないでしょうか。

全体的に

従来のiモードの延長線上のサービスを提供するドコモなどと比較すると、KDDIは、スマートフォンはオープンでなければいけない、グローバルでなければいけないという点をしっかりと把握していると思います。また、auスマートパスなどでは、確かにKDDIに入る収入は減ると思いますが、目先の利益にとらわれず、長期的な視点でauスマートバリューなどのサービスを決定したKDDIの田中社長はすごい。

「選べる自由」でも「auを解約する自由」はあまりありませんが、auスマートパスポート構想で取り込んだ顧客を2年後に「auを解約する自由」を選択しないように、既存ユーザーの満足度を上げていかなければいけないのではないかと、同時に思います。少なくとも、auスマートパスポート構想がiPhone販売と両立して、ユーザー、アプリ開発者、KDDIがWin-Win-Winになれば。

本題とはずれますが、KDDIはWiMAX2を本気でやるつもりはありませんよね?やるなら、LTEの設備投資を積極的に行なっていただきたいです。

スポンサーリンク