レンタルサーバー初心者が「ロリポップ!」を1年借りて、いろいろと思ったこと

以前は、FC2のブログでメモ程度にブログを書いていたのですが、画像のアップロードの仕様が私に合わず、使い勝手がいいとは言えない状況でした。そのような状況下で、自分のサーバーにインストールして利用するブログソフトウェアのWordpressに挑戦しようと決心して、レンタルサーバー初心者の自分が「ロリポップ!」のロリポプランで、Wordpressを去年の2月から運用していました。途中、メモ程度のブログと他の実験用CMSサイトなど複数持つのに、「レンタルサーバーミニム」というところを使ってみたりしてました。

現在は、VPSで、さらに勉強したいと思って、さくらインターネットのさくらのVPS 1Gを利用し、このブログを運営しています。ロリポップ!は、他のサイトの公開で利用していて、契約もちょうど1年を超えました。1年で、ロリポップのことを把握できたと思うので、いろいろと書かせて頂きます。

ロリポップ!のここが良い

まずは、マニュアルが充実している点。「パーミッションって何?」と思ったときに、ロリポップのマニュアルを見れば、大抵の問題は解決します。

以前、HTMLでタグ打ちしたサイトを作ったことはあるものの、Yahoo!のジオシティーズで、こっそり公開した程度で、WordPressのようなブログソフトの設置をしての本格的なブログサイトの運営は初めてでした。WordPressのインストールの仕方がロリポップ!のサーバーの仕様に準じて書かれていたり、独自ドメインの取得の方法や設定の方法などが書かれていて、独学において非常に有効な教材でした。一からレンタルサーバーを始めたい方にとっては充実しているマニュアルではないでしょうか。

次に、レンタルサーバーの価格の安さの割りに安定している点。

昔は、ロリポップ!のサーバーは、障害が多いことで有名だったらしいのですが、2010年の夏にサーバー環境を一新したそうです。私は、2011年の2月から使い始めたのですが、特に目立った障害もなく、安定して利用することができています。PukiWikiというPHPベースのWikiページのサイトを設置して、がっつり使っているのですが、ロリポップ!側から怒られたことはありません(笑)。一応、複数のユーザーでサーバーを共有し、管理はロリポップ!側が行なっている共用サーバーなので、何でもかんでも自由という訳ではありませんが。

最後に、コントロールパネルが見やすい

画像はコントロールパネルのトップページです。少し広告が出ていますが、左側のメニューから使いたい項目へ簡単に飛ぶことができます。初めは、慣れないと使いにくいと感じますが、個人的には、使いたい項目のジャンルがはっきりとわかるので便利です。

ロリポップ!のここが悪い

そこそこ知識を身につけてくるとおもしろくない点。

ロリポップ!は、中級~上級者も利用するには便利なサーバーだと思いますが、あくまでも初心者がレンタルサーバーの知識を身につけるのに重点が置かれたサーバーだと思います。他のサーバーを試しに使ってみると、どうしても、他の共用レンタルサーバーではできて、ロリポップではできないことが多かったりします。具体的には、独自ドメインを使用するのに、ロリポップ!のネームサーバーに変更しなければならない点とか(他社DNSサーバーでAレコードでロリポップ!に向けることはできなくないがサポート外)、ロリポップ!の姉妹サービスのムームードメイン以外で取得したドメインで、サブドメインをロリポップ!のサーバーに指定できない点だとか。例がドメインの点ばかりになってしまいましたが、意外に他の会社の共用サーバーでできて、ロリポップ!でできないことが多いと思います。

次におふざけが多すぎる。サンタクロースの格好をした「ロリポおじさん」というキャラクターがいますが、ロリポップ!のトップページに多く出現したりして、初めてロリポップ!のサイトを見た方はびっくりすると思います。キャンペーンのページもおふさげが多すぎて、よくわかりにくいこともあったりします。レンタルサーバーのサービスとしては、立派なのですが。

全体的に

TwitterやFacebook全盛の時代で、レンタルサーバーを使う環境も様変わりしている中、WordPressなどの設置でレンタルサーバーを使われる方が多いと思いますが、レンタルサーバー初心者なら、まずはロリポップ!をとオススメしたいです。知識が付いてきたのなら、さくらインターネットの共用サーバーなどにステップアップするのがベターなのではないかと思います。

スポンサーリンク