ソフトバンクが900Mhz帯獲得で、個人的には残念

今日付けで、総務省の審議会で、ソフトバンク900Mhz帯の割り当てが決定しました。この900Mhz帯は、「プラチナバンド」と呼ばれていて、ソフトバンク携帯電話で使われている2Ghz帯の電波よりも、屋内へ電波が浸透しやすいです。既に、ドコモとauは、周波数帯が違うものの、屋内浸透しやすい「プラチナバンド」を持っていて、某社長が「俺にもくれよ」と言った発言が何度も繰り返されてきました。

今回、ソフトバンクにプラチナバンドの割り当てが決定し、某社長の悲願が叶ったといえます。

本音としては、イー・アクセス(イー・モバイルのブランドで提供)に割り当てて欲しかったのです。理由としては、イー・アクセスが保有する1.7Ghz帯は世界でも使われている国が少なく、端末調達に余計な手間がかかってしまう。イー・アクセスが世界共通の900Mhz帯を獲得できれば、端末調達が容易で、また、イー・アクセスがMVNO事業者に積極的に回線を貸して、電波の有効利用・適性な競争という点で良かったのではないかと、今更ですが思います。

ソフトバンクに900Mhz帯が割り当てられたら、LTEに積極的に利用するのかもわからないですし、仮に、エリア設計がめちゃくちゃで、電波干渉が起きて、今の渋谷みたいに全く繋がらないようなことが起きてしまったりする恐れがありますし。屋内への浸透がいいから、と言っても、電波干渉されたら、元も子もないでしょう。

それにしても、プラチナバンド争奪戦で、イー・アクセスとソフトバンクが対等に戦えたのかというかと思うと微妙だと思います。ブランド力では、ソフトバンクが勝っているのは事実ですし、各地にソフトバンクショップもあり、事業規模といった点では話にならないのは事実。しかし、イー・アクセスにプラチナバンドを割り当てて、ドコモ・KDDI・ソフトバンクと同等に戦え、公正な競争ができ、消費者がキャリアを選べる自由の選択肢を増やす必要があったのではないかと思います。

どちらにしても、ソフトバンクがプラチナバンドを取得できたので、ソフトバンクには、有効な電波活用をお願いしますとしか言いようがありません。

スポンサーリンク