auのGALAXY SII WiMAXにMNPして、とりあえずやったことと覚え書き

先日、auから出た「GALAXY SII WiMAX」にソフトバンクからMNPしてきました。学割と25歳以下の割引で、基本使用料無料ですし、パケット通信料の上限額が4410円/月(期間限定)になりますし、MNPしてきました。写真に端末が写っていないのは、うまく写真が取れなかったので。

WiMAX対応で、テザリングができる、かつ、SIMカードを抜き差しできる(海外に行った際、auSIMをSIMフリー機に挿入できるようにするため)端末で、2012年1月の段階で「GALAXY SII WiMAX」、DIGNO、ARROWS Zのみでした。ワンセグなど不要で、かつ、コストパフォーマンスの良いGalaxyS2にしました。ソフトバンクで使っていたiPhone4も良かったのですが、電波が悪い、繋がっても通信速度が遅いなど、キャリア側への不満が溜まって、今回のMNPとなりました。

購入の段階で気が付かなかったのですが、標準でコンセントから充電できるACアダプターと、USBケーブルが付属していないので、注意が必要です。接続端子がmicroUSBなので、ドコモのXi対応ルーター「L-09C」の充電器の使い回しで何とかしたのですが、充電環境に関しては、後々見なおさないといけないのではないかと思います。とりあえず、モバイルブースターで定番のeneloopの「KBC-L2B」(旧型)でも、充電ができることを確認しました。

とりあえず、やったことのメモ

  • Googleアカウントの設定 Googleのアカウントを入力するだけで、自動的にGmailの設定などが反映されました。au版GalaxyS2だと、Googleのアカウントを登録しないと、Google純正のアプリ(マップなど)が利用できないようになってました。
  • 緊急地震速報の受信設定 緊急地震速報に関しては、プリインストールアプリの「au 災害対策」というアプリからの設定です。「緊急速報メール」という名前のもので、マナーモード時の挙動などを設定。
  • Eメール(@ezweb.ne.jp)の設定 これは、auのロゴが入ったメールアプリから設定。初回起動時に、パケット通信で、端末におけるメールの設定が自動的に行われ、アプリ内で、任意のメールアドレスに変更しました。
  • セキュリティー対策 一応、Android端末なので、Android版のウイルスバスターを入れてみました。30日お試し版のインストールで、どの程度動作するのか、問題なく動作するのか、今後のセキュリティー対策をどうするのか検討したいと思っています。これを書いている段階だと、問題なく動いている印象です。ちなみに、auからも、月額課金版のウイルスバスターがありますが、1年以上使う前提ですと、トレンドマイクロから直接買ったほうが安いです。
  • 必要なアプリのインストール au one marketから必要なアプリをインストール。auやサムスンのプリインストールアプリで、とりあえず携帯電話として利用できますが、任意のTwitterクライアント(自分はtwicca)やDropBoxのクライアントアプリ、2ちゃんねる巡回ビューアー「2chmate」、ベッキーでお馴染みの「LINE」をインストール。もともと、インストールされているSkypeは、au音声回線を利用しているもので、Android Marketで配布されている、通常のパケット通信を利用したものとは違うみたいです。

裏の蓋に関して

裏蓋を開けるチェックをしたのですが、初期ロットでうまく型と合っていないのかわからないのですが、とにかく蓋を開けにくい。具体的には、爪を引っ掛けてもうまく取り外すことができない、裏の蓋のカバーが曲ってしまわないかと思うような仕様になっていたり、再度、蓋をくっつけようとしても、うまくはめることができないなどありました。

最後に

iPhoneと同様に、GalaxyS2でも、「ホームボタン」と「電源ボタン」の同時押しでスクリーンショットも撮れて、iPhoneでメモ替わりにスクリーンショットを撮っていた私には便利な機能です。この端末は、WiMAXも使え、Wi-Fiテザリングで、どこでもネットができ便利すぎます。スペックもすごいので、純粋にこのスペックでどのように動くのか、どう動くのか、root権限を取るようなことを一切抜きにAndroidを楽しんでいきたいなと思います。

スポンサーリンク