ジャパンネット銀行ワンタイムデビットでb-mobile SIM U300に1ヶ月分のチャージをした

新年になってから、某所で入手したb-mobileのウィルコム網のUSBコネクタだけだと、PCしか繋げないので困る機会が増えてきました。やはり、iPadでも、場所を気にせず、ブラウジングとかしたい。モバイルWi-Fiルーターがわりに使っているAndroidスマートフォンに、挿入してたが期限切れになっていたb-mobile SIM U300のチャージをしました。

日本通信のLTEの新製品のことを考えると、半年のチャージは、期間中に他製品に乗り換えするのには難しいので、昨今のb-mobileネットワークの遅さ(最大で公称値の2/3ぐらいしか出ない・昼休みの時間帯には繋がらない)を目をつぶって、1ヶ月分のチャージをしました。

チャージについて

個人的に、クレジットカードをあまり使いたくないので、ヤフオクとかで便利なジャパンネット銀行のワンタイムデビットを使っています。これは、VISAのクレジットカードが使えるネット加盟店で利用できる、口座から利用料金が即座に引き落とされるデビットカードの1回限りの番号を発行できるサービスです。あくまでも、月額課金には利用できないものなので、うまくチャージができるのか不安でしたが、最終的にはできました。

b-mobileの回線からチャージ

自宅の固定回線から、My b-mobileにログインをし、クレジットカード番号を登録しようとしたが、ワンタイムデビットの番号は通らず。そこで、b-mobileの期限切れSIMで、インターネットに接続しようと出てくるチャージ画面でやってみることにしたら、番号が通って、無事に1ヶ月分のチャージができました。

あくまでも、My b-mobileに登録できるカード番号は、信用度が測れ、月額課金ができるクレジットカードのみで、オートチャージの際に利用できるもの。チャージはシャンプーの詰め替えのように単品で購入できるので、月額課金ができないワンタイムデビットで購入できたのでしょうか。

とりあえず、チャージができたので良かったのですが、b-mobile Fairなど他製品とは、また仕様が違ってくる様子。1GB定額のチャージは原則として、オートチャージが前提とか、複雑。ソフトバンクの契約プランのややこしさよりはマシでいいのですが。

スポンサーリンク