音声通話機能付き日本通信のイオンSIMが良さそうだが端末は?

イオンSIMの利用できる端末はどこで売ってますか?IDEOS以外のものを使いたいんですが?

今日、日本通信からイオンの販売チャネルを利用して販売しているSIMカード単体の製品「イオンSIM」に音声通話機能付きのSIMが発表されました。話題作りがうまい日本通信。

音声機能付きのSIMで、100kbpsまでの通信が月額980円+音声プランSが月額1290円で、 最低でも月額2270円。それで、無制限のインターネットと音声通話(回線交換方式)が利用できるといいます。これはすごい。あまりスマートフォンを使わないけど、2台持ちは嫌だ、1台がいいという方にはぴったりなプラン。

個人的に思ったのは、最初にも書いたイオンSIMが利用できる端末の入手が難しいこと。例えば、Xperia rayが小型でサクサク動いて、これをメインの携帯電話にしたいと思って、ヨドバシカメラとかドコモショップに行っても単体では売ってくれない。回線契約をしないと売ってくれない。日本だと、回線契約なしで、新品の端末の入手は中古携帯電話ショップかヤフオクというルートでないと買えない

イオンに来客する客層は幅広く、せっかく安い料金プランがあっても、イオンで回線契約なしに購入できるスマートフォンはIDEOSだけ。正直言って、宝の持ち腐れ。

経路検索やメールといったことだけにインターネットを利用するのには、5400円もする通信料を払うのにも躊躇される方もいるはずで、月額2270円でインターネットも通話もできるのは、そのような方にとって魅力的。

イオンや日本通信は、ライトユーザーに利用できる端末の入手の支援を積極的にすべきです。

スポンサーリンク