インターネットVPNで暗号化なしのWi-Fiのセキュリティの強化をiPhoneでやってみる

最近、「ソフトバンクWi-Fiスポット」やNTT-BPの羽田空港、成田空港の無料無線LANスポットなどの暗号化なしの無線LANの電波を発するWi-Fiスポットが増えてきて、iPhoneなどからのセキュリティ対策をしなけばと思って、セキュリティ対策をしてみました。

暗号化のかかっていない無線LANだと、アクセスポイントまでの途中で、第三者からの傍受が可能となります。そこで、セキュリティ対策としての「VPN」の使用を検討してみました。

VPNとは?

VPNとは、インターネット上に特定のネットワークまでのトンネルを作って、仮想的に専用線として、セキュリティを高めた通信するための技術です。一般的には、インターネットを通して、会社などのプライベートネットワークにアクセスするために使われています。

今回、VPNは、自分の端末からアクセスポイントまで、暗号化なしの電波に利用することで、自分の通信内容を暗号化して、第三者からの傍受をしにくくしようという考えです。

iPhoneでVPNを利用する

iPhone ←(無線LAN電波)→アクセスポイント←→インターネット←→VPNサーバー←→インターネット

iPhoneでVPNを使うのには特別なアプリは必要なく、デフォルトの「設定」アプリから利用可能です。上部のように、太字になった部分まで暗号化して、インターネット上に出るVPNを利用するのには、中継するサーバーが必要なのですが、ここでは、「VPN Express」というiPhoneアプリで、 インターネット上に出られるVPNサーバーのアカウントを設定します。

実は、自前で、自宅かさくらインターネットやDTIなどが提供するVPSを利用してVPNサーバーを立ててもいいのですが、あまりにも敷居が高すぎて…

VPN Expressというアプリは?

VPN Express 2.0.1(無料)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Bestsparks Inc. – John Jiang(サイズ: 1.8 MB)

もともと、「VPN Express」というアプリは、特定の国から利用できないサービスを、あたかも他国からのアクセスとして利用できるようにするため、アプリ側が用意した他国のVPNサーバーの設定をプロファイル(ソフトバンクWi-Fiスポットの設定でも使われる)で簡単に設定するアプリです。

アプリ自体は無料なのですが、初めにお試しとして100MBまでのVPNを通したインターネットが利用可能です。足りなくなったら、アプリ内課金で、利用できる転送量を購入します。

アカウントの取得

ここでは、VPN Expressを利用してアカウントを取得します。自分のメールアドレスの入力、パスワードの入力をします。「Referee」という部分は紹介者のメールアドレスを入力するのですが、私のメールアドレスを入力すると、ボーナスで100MBの転送量をさらにもらえます。

設定について

登録したアカウントでログインし、「User Manual」をタップ。そして、iPhoneで利用する場合には、「VPN Auto Setup in OS」の「Click Here」をタップ。

利用できるサーバーとプロトコルの一覧が出てきます。無料でお試し版の場合、スクリーンショットのサーバーは無効とされ、お試し版専用ユーザーの専用サーバーの設定しかできません。

そして、「Start Auto Setup!」とタップすると、プロファイルのインストール画面が表示されます。これは、そのまま「インストール」としてください。ソフトバンクWi-Fiスポットの設定のプロファイルなど、他のプロファイルもインストールされている場合もありますが、上書きはされず、共存するので安心して下さい。

プロファイルのインストールでiPhoneにおける設定が完了です。

どうやって使うのか?

無事にプロファイルがインストールされると、純正の「設定」アプリにVPNの設定項目が現れます。VPNの設定画面を開いて、利用したいサーバーを選択し、VPNの項目をオンにすると、VPNサーバーを経由してインターネットに接続することができます。これで完了です。

データ転送量の購入について

100MBの転送量のお試し版を使い切ったあとは、転送量の購入を、アプリ内でのアドオン購入でしなければならないのですが、ややこしいのでまとめます。

VPN Expressの転送量の購入のプランに関しては、期間限定だが転送量が多いプラン期間の限定はないが転送量が少なめのプランがあります。「bandwidth」と「transfer」はともに転送量という意味です。

全体的に

アメリカかイギリスのサーバーを経由してのインターネットアクセスになるので、日本国内のIPアドレスを判別して利用するサービス(Gyao!など)は利用できません。しかしながら、通信品質も悪くなく、利用するに値するサービスだと個人的に思います。

実は、このVPNサービスは、iPhoneやiPadといったiOS端末だけでなく、PCやMacからも、同一サーバー名前、同一アカウントでの利用が可能です。詳しくは、アプリから確認できます。

個人的には、このインターネットVPNで、ソフトバンクWi-Fiスポットなどの暗号化がかかっていない公衆無線LANのセキュリティ対策として、利用していきたいサービスだと思います。

スポンサーリンク