動物と話すことができるハイジという女性はどんな方か?

天才!志村どうぶつ園でお馴染みの動物と話すことができる「ハイジ」という女性。「動物と話せる女性 ハイジ ( ワニプラス )」という本以外に、日本語での彼女についての情報があまりなかったので、公式サイトより、彼女の生い立ちなどを調べてみました。

英訳で間違っている恐れがありますが、ご了承ください。

ハイジについて

ハイジの名前の英語表記では「Heidi Wright」。彼女は、1964年1月5日、アメリカ・カリフォルニア州の北にある「Gridley」という街の出身。楽器の経験もあり、新聞記者として働いていた経験もある。カレッジを卒業した後は、カリフォルニア州で高速道路のパトロールをする警官となり、「カリフォルニア・警察技能協議会」で銀メダルと銅メダルを獲得。1994年に「カリフォルニア州高速道路パトロール」官として高い地位となり、勇敢な警察官として全米で表彰された。

ハイジは、FOX TVのドキュメンタリー番組「高速道路パトロールの事実」に何度も特集されて、13年間、警察官として勤めてきた。高速道路をパトロールする警察官を引退してからは、息子のホームスクリーング(自宅教育)を行い、ホームスクリーングの会で積極的に活動をしていた。

彼女が時間を見つけては、詩や、雑誌に掲載される記事、地元のスポーツに関するニュースを書いていた。分野を問わず、読書をして、昔の貴重な本を集めて、本の批評も書いていた。また、絵画も好んでいて、絵画と詩は賞を受賞するほどの腕前だった。ハイジは、音楽をも愛して、楽器を演奏していた。

現在は、カリフォルニア州とオレゴン州の州境近くの小さな農場に住んでいて、犬や馬、猫、羊、鶏など、迷子になったペットなどと生活をしている。

ハイジの能力について

ハイジは子供の頃から、直感的でテレパシーをする能力を持っていた。警察官時代に、「自分の体内」から”ある”感覚を感じ取っていた。そして、自分自身の安全を確保したり、事件を解決する際に、自分自身の直感を生かしていた。1994年にサンフランシスコにいる、とある人物と、自身の能力を伸ばすために研究を行い、そして、道路でのパトロールをしているときに、感情移入や洞察力の能力に気づき始めた。カリフォルニア州での高速道路のパトロールの仕事を引退してからは、ヒーリングの技術や、超自然的な現象について研究し続けるようになった。

2000年に、ハイジは「霊気」という分野で学位を授与され、ヒーリングや痛みを抑える「ペイン・コントロール」と呼ばれる技術に自身の能力を使った。それから、「霊気」について勉強を重ね、2007年に日本のあるテレビ番組で京都にある鞍馬山に登り、修行を受け、「霊気」ということを教え始めることにした。

カリフォルニアでワークショップに参加していたとき、自分自身の能力の深さに気づき、職業として「アニマル・コミュニケーター」を始め、「The Language of Miracles’」というベストセラーになった本を出版した。2006年からは、日本の人気テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」にも定期的に出演をするようになり、2009年には韓国のテレビ番組に出演し、21ヶ国で活躍する「アニマル・コミュニケーター」となった。

Animal Communicator Heidi Wrightより)

公式ホームページを確認すると、個人からの依頼を受け付けているそうで、彼女のスケジュールも確認できます。

個人的に、テレビでの印象しか、彼女がわからなかったのですが、多彩なことができる彼女だからこそ、動物の気持ちをうまく理解というか解釈できているのだろうと思います。テレビでの演出上の問題(やらせ?)もあると思うけれど、本当に動物の気持ちを読み取っているのはよくわかりません。

スポンサーリンク